Horse

第60回 有馬記念

中山10R 芝2500m G1 スローペースの前残りの展開となりましたが、ゴールドアクターが抜け出してG1初制覇しました。 ゴールドアクターは以前から操縦性は高かったと思いますが、その上瞬発力もついたのが大きいと思いました(前走の時から感じていました)。…

第67回 朝日杯FS

阪神11R 芝1600m G1 献血の最中にこのレースの中継を見たのですが、リオンディーズが強かったです。 レース前はエアスピネルに騎乗した武豊騎手の平地G1完全制覇を期待していました。 道中は中団待機策をとったエアスピネルは4コーナーで外をまわって、200m…

香港マイル(2015年)

沙田 芝1600m G1 モーリスが勝ちました。日本馬が香港マイルを勝ったのは10年ぶりだそうです。その結果を見ると、ここ数年のマイル路線は低迷していたんだなと改めて感じました。 道中は7番手で、香港最強マイラーのエイブルフレンドのマークを受けながら進…

香港カップ(2015年)

沙田 芝2000m G1 エイシンヒカリが逃げ切りで初G1勝ちを収めました。戦前は勝つとは思っていませんでしたので、驚きました。 外枠からのスタートですが、不完全燃焼に終わった前走とは違って、先手を主張して、逃げました。道中はマークが甘く、後続と2馬身…

第32回 マイルCS

京都11R 芝1600m G1モーリスが春秋マイルG1を制しました。5ヶ月以上の休み明けという条件にも関わらず、他馬とは格の違いを感じさせる内容で完勝しました。近年は休み明けで優勝した馬はいないので厳しいかもと思っていましたが、完調でもないのに勝ったので…

第20回 武蔵野S

東京11R D1600m G3 休み明けのノンコノユメが差し切り勝ちしました。結構強い内容だったと思います。 ジャパンダートダービー勝ち馬は秋初戦で古馬に敵わないことが多いのですが、58kg(統一G1を勝ったとはいえ三歳にはきつすぎると思いました)という酷量を…

ブリーダーズカップクラシック(2015年)

キーンランド D2000m G1 アメリカンファラオが引退レースを圧勝で飾りました。 いつも通り好スタートから逃げました。3コーナーから後続に突かれて始めましたが、それに負けじとアメリカンファラオもスパートを始めて、直線では突き放す一方でした。引退レー…

第152回 天皇賞・秋

東京11R 芝2000m G1ラブリーデイが先行抜け出しの形でG1 2勝目を収めました。スタートはいつもどおり良かったですが、結構掛かっていました。道中は大丈夫かと思いました。それでも直線は残り300-400mで先頭に立ってからは力強く伸びました。今年7戦目なのに…

第76回 菊花賞

京都11R 芝3000m G1最近は久しぶりに仕事が忙しく、更新頻度が落ちていています。戦前は二冠馬のドゥラメンテが不在で混戦だと思っていましたが、なかなか面白いレースになりました。最初の1000mは60秒台で平均ペースかなと思っていましたが、そこからペース…

凱旋門賞(2015年)

ロンシャン 芝2400m G1トレヴの3連覇がかかっていましたが、3歳馬のゴールデンホーンが勝ちました。英ダービー馬の凱旋門賞制覇は久々な気がします。ゴールデンホーンはレース序盤で掛かっていましたが、それをなだめられたことが大きかったと思います。さす…

東京競馬観戦

今日は春の東京競馬の最終開催で、先着3000名に芝コースを解放する、という企画がありましたので、朝から東京競馬場に行きました。 朝から立ちっぱなしは辛いと思いましたので、指定席を購入しました。9:10頃に到着しましたが、A・C指定席は満席でした。。そ…

第56回 宝塚記念

レースとしてはいろいろ残念でしたが、競馬場で馬券を購入したので、一応振り返っておきます。ゴールドシップはスタートで終了しました。立ち上がったところで、ゲートが開いてしまい、そこで大きく出遅れてしまいました。スタートの時が競馬場が一番盛り上…

第65回 安田記念

モーリスが4連勝で安田記念を制しました。 最近はスタートが悪く、後方待機の競馬が多かったのですが、今日はスタートからスムーズで先行しました。最初の600mが34.3と速くなりすぎなかったのも好位追走する上でよかったと思います。それでも前半1000mが57秒…

ベルモントS(2015年)

アメリカンファラオが5馬身差の圧勝で、アファームド以来37年ぶりのアメリカ3冠を達成しました。2015 Belmont Stakes - American Pharoah Wins The ...レース自体は逃げたアメリカンファラオが直線で後続を突き放すという内容でした。それよりも、スタート前…

第82回 日本ダービー

東京10R 芝2400m G1 皐月賞馬のドゥラメンテが、ダービーレコードタイムで2冠を達成しました。 ドゥラメンテは道中は中団前目の追走だったのが予想外でした(デムーロ騎手によると1、2コーナーではひっかかていた模様)が、結果的に絶好のポジションでしたね…

第10回 ヴィクトリアマイル

東京11R 芝1600m G1 馬券が大いに荒れました。スローペースで荒れるG1は興醒めですが、今回はそうではなかったため、見ていておもしろかったです。 牝馬G1にしては珍しく平均よりも早いペースでした。前半600mが34.3で、前半1000mが56.9でした。18番人気…

第151回 天皇賞・春

ゴールドシップが3回目の挑戦で初めて春天を制しました。 ゲート入りにかなり手こずって、スタートダッシュがつかず、最後方におかれた時点で正直ダメだなと思いました。ただ、今回は横山騎手が1周目のゴール板を過ぎたあたりから、徐々にポジションを押し…

第75回 皐月賞

中山11R G1 芝2000m ドゥラメンテがものすごい脚で1冠目を制しました。 道中は後方2番手で待機してましたが、直線入口では外側に大きく斜行するというロスがありながら(自身もそうですが、サトノクラウンやダノンプラチナなどの被害馬が可哀想でした)、直…

第47回 ダービー卿チャレンジT

中山11R G3 1600m(ハンデ) モーリスが3連勝で重賞を初制覇しました。 レース前は準OPを買ったばかりなのに、斤量55kgは見込まれたなと思ってましたが、ここでは力が違いました。 道中は後方2番手でしたが、直線だけで差し切った感じでした。最後の差し脚…

第45回 高松宮記念

中京11R 芝1200m G1 香港から参戦したエアロヴェロシティが外国馬として始めて高松宮記念を制しました。そもそもこの時期は外国はオフシーズンなため、過去に参戦してきた数が少なかったのですが。Z.パートン騎手の騎乗もうまかったと思います。4角までは内…

後藤騎手

突然の訃報に驚きました。 ここ数年は落馬事故および頚椎骨折が多く、先週のダイヤモンドSでも落馬していたので、その怪我を心配していました。ただ、その翌日も京都で騎乗していました(勝ち星も挙げていました)ので、体は無事なのかなとホッとしていた矢…

第55回 きさらぎ賞

京都11R 芝1800m G3 ルージュバックが強い競馬で勝ちました。 ややスローペースだったとはいえ、道中は中団前目を進み、4角ではポルトドートゥイユと同時に進出しました。そこからの脚がすばらしかったです。結果的にはポルトドートゥイユに対して2馬身差を…

ステイゴールド

ステイゴールドが大動脈破裂で亡くなりました。現役の頃からファンで、種牡馬としても魅力的だったのでとても寂しいです。 最初聞いたときは早すぎるように感じましたが、21歳も生きれば十分生きたといえるかなと思います。競走馬としても種牡馬としても晩成…

第32回 東海S

中京11R D1800m G2コパノリッキーが4馬身差の圧勝を収めました。スタートは抜群でなかったため、先頭をニホンピロアワーズに譲りましたが、番手でレースを進めました。4コーナー手前で、手応えが怪しくなったニホンピロアワーズを交わしてからは後続を突き放…

第60回 東京大賞典

大井10R D2000m G1昨日の有馬記念に続いて、今日は東京大賞典でした。アメリカから外国馬(ソイフェット)が初めて参戦しましたし、南関東勢も例年よりも強力で、盛り上がったと思います。結果はホッコータルマエの完勝でした。今日は強かったです。完全に復…

第59回 有馬記念

中山10R 芝2500m G1 12時半頃に中山競馬場に到着しましたが、ものすごく混雑してました。入場門で並んだのは初めてでした。レース直前では、11万人以上入っていたようです。4年前に来たときよりも混雑しているように感じました。メンバーが揃ったのが大きい…

香港カップ(2014年)

沙田 芝2000m G1 今年の香港国際競争には日本から実力の抜けたG1クラスの馬が参戦しませんでしたので、日本馬の結果にはあまり期待していませんでした。 例年ならば、香港カップや香港ヴァーズにもっと強い馬が参戦していたと思いますが、今年はジャパンカッ…

第34回 ジャパンカップ

東京11R 芝2400m G1 エピファネイアが強い競馬で圧勝しました。 戦前は豪華メンバーと言われていたものの、スローのつまらない展開を予想していたのですが、その予想とは反してスタミナの要求される流れで見応えがありました。 サトノシュレンが大方の予想通…

第35回 浦和記念

浦和10R D2000m G2 地方所属馬がワン・ツー・スリーを決めました。地方所属馬が勝つこと自体珍しいのですが、ワン・ツー・スリーはほとんど記憶にありません。 伝統あるレースですが、日程的にJBCとチャンピオンズカップの間にあるため、JRAの有力馬が集まら…

第14回 JBCクラシック

盛岡10R D2000m G1 クラシックはまあまあメンバーが揃いました。とはいえ休み明けや距離に不安のあるベストウォーリア、復調してきたクリソライトと大本命がいないメンバーでした。パドックではコパノリッキーが良く見えました。レースはコパノリッキーが先…