読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康診断

今日は会社の本社にある健康管理室で健康診断を受けました。
基本的に何事もなく終わりましたが、血液検査で小さなトラブルがありました。
左腕から採血したのですが、採血が1/3終わったところでなぜか血が止まってしまいました。
もちろん不安になる自分。
そんなことはお構いなしに保健士さんは「あれ?どうしたのかな?おかしいですね。」と言って、針をさらにぐいっと押す。
「押せばいいってもんじゃないでしょう」と内心思いつつも、血は流れず。そして軽く痛い。血は流れないので、なおさらむなしい(T_T)。
保健士さんは「血管が細いから血が流れにくいんでしょうね」と自分を納得させるように説明し、左腕をあきらめ、右腕から採血することになりました。右腕からは順調に採血でき、無事終了。
結局両腕から採血されてしまいました。何か損した気分でした。
※もちろん保健士さんは謝っていました。


写真は本社の近くにある日比谷公会堂です。
保健管理室は21階にありましたが、そこから見える日比谷公園は良かったです。