印象に残った野球ニュース2008

野球の日本シリーズは一方的な展開にならずに、両チームともベストに近い戦いができたのではないでしょうか?巨人も西武も若手の選手も活躍していたので来年も楽しみですね。
日本シリーズが終わって一段落したので、最近野球をほとんど見ない私が印象に残ったニュースを個人的な好みで勝手にリストアップしました。


1. 王監督引退
ホークスが強くなったのは王監督の存在を抜きにしては語ることが出来ないと思います。ダイエーが発足した頃は本当に弱く、毎年優勝争いができるチームになるなんて昔は本当に思ってませんでした。それだけでなく、沢山の名選手を育てたのも立派です。城島、井口、和田、川崎など快挙に暇がありません。
個人的には現役時代を生で見た記憶が残っていませんので、本当にホークスの監督の印象が強いです。病気を患いながらも監督をやり遂げたのは本当にすごいと思います。これからは無理せず、健康に過ごしてほしいと願ってます。


2. レイズ優勝
こちらは大リーグの話題。当初の球団名はデビルレイズでしたが、たしか今年から球団名が変わりました。ア・リーグの同地区にレッドソックスヤンキース(最近はかなり陰りが見えますが)という強豪球団がいるとはいえ、万年最下位球団だったのに、地区制覇してワールドシリーズに進出したのですから驚きです。意外なチームが活躍するのもおもしろいです。