読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠藤選手のインタビューから

1日の天皇杯で活躍したG大阪の遠藤選手のインタビュー記事の中で、日本代表が世界で通用するためのヒントがあるように思ったので引用します。

シャビ(・アロンソ)は、守備の時はそれほど動いていないけど、いざ攻撃になるとすごいスピードで前に出てプレーするんだよね。いろんなところに顔を出して、パスを受けて、自分でも飛び出して行く。で、決定的な仕事をする。攻撃に転じた時の最初の1歩がすごく早いからフリーになれるんであって、いいポジションをキープすることができる。世界で戦うには、攻撃に転じた時の最初の1歩の早さ。それが、すごく重要なんだよ。

今のサッカーは2列目、3列目の飛び出しがすごく大事。

(出典:http://number.bunshun.jp/jleague/column/view/4487/