読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木村拓也コーチ

プロ野球巨人の木村拓也コーチがくも膜下出血のために亡くなったそうです。実は引退してコーチになられたことはよく知らなかったのですが、本当に残念です。広島で頭角を現した時は名前のインパクトが強烈だったですが、選手層の厚い巨人に移籍した後もどこでも守れるユーティリティプレイヤとして活躍したのは凄いと思っていました。とくに去年のヤクルト線のピンチキャチャーはすごかったです。感動しました。
木村さんがNPBの新人研修で語ってくれた講演内容を読んで、木村さんの野球に対する真摯な姿勢を感じました。内外野だけでなく、キャッチャーも守れるユーティリティプレイヤになったのは、最初から万能だったからではなく、自分が球団の中で生き残るためには何をすればよいかを考えた結果だということを窺い知ることができ、勉強になりました。こういう縁の下を支える選手というのは指導者としても貴重な人材だと思いますので、そういう意味でも残念だと思いました。