読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第9地区

第9地区 [DVD]

第9地区 [DVD]


映画館で見てきましたが、面白かったです。南アのヨハネスブルクに宇宙船がなぜかやってきて、宇宙人が難民として人間と20年ほど(表面上)共存していたが排斥運動が起きた世界を舞台にしたお話です。
最初は状況をドキュメンタリタッチで描いていますが、宇宙人の難民の強制移住を担当した民間軍事会社の現場責任者のヴィカスが登場してから話が動き出します。ドキュメンタリタッチとはいえ、人類よりも劣っている生物として宇宙人をおもしろおかしく描いているのが印象的でした。ただ演出がおもしろかったので所々笑ってしまいましたが。
予想もしていなかった方向に話が2転3転するので最後まで楽しめました。主人公のヴィカスは平凡なサラリーマンで、最初宇宙人に対しておもしろおかしく接するなど決していい人間ではないですが、最後の彼の行動には不意に感動しました。

人種差別や企業倫理など考えさせるテーマは多いですが(それはそれでテーマの幅を広げるので個人的には重要な要素だと思っています)、それだけでなくエンターテインメントとして楽しめるのでおすすめです。所々無茶苦茶な設定に突っ込みたくなるのですが、展開があまりにスピーティなのであまり気にならずに楽しめました。
設定だけ聞くとB級SFな感じな印象を受けますが、ただのB級映画じゃないです。B級的な演出はあるのは確かですが、逆にいい演出になっていて個人的にはそれも楽しめでした。