読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NY旅行 2日目

  • Statue of Liberty

早朝は激しい雨が降っていたため、ホテルで朝食をとってから出かけました。
まずはベタベタに自由の女神像のある Liberty Is. へ行きました。特に感慨もわきませんでしたが、大きな像の周りをぐるぐる回って、下から見上げる感覚は、お台場の実物大ガンダムを見た時と似たような感じでした。

  • Wall St.、SOHO


その後はWall St.を散策しました。平日のビジネス街だからばりばりのビジネスマンで溢れていることを想像していましたが、観光客がいっぱいいました。とはいえ、NY証券取引所の周りは警備が強固で近づけないようになっていました。



その後はSOHOをぶらぶらしました。こちらはそこそこ古いアパートが残っていて、ショッピングせずにぶらぶらするだけでも楽しめると思います。その上途中から天気が回復したので、爽快でした。

UNIQLOやApple Storeなど有名店もいっぱいありますが、どの店舗も外観は周囲の調和を乱さないような感じになっていました。
Apple Storeに関してはアメリカスタイルがそのまま日本にも輸出されただけですから、当然といえば当然ですが、UNIQLOにはちょっと驚きました。
といいますのは、UNIQLOは店舗の雰囲気や商品のラインナップについて、アメリカ風にAjustしているようには見えず、日本の店をそのまま輸出しているように感じました。それだけに柳井さんを初めとした経営陣の自信を感じました。以前に何かの番組で柳井さん自身が語っていたと思いますが、現地化に注力する前に、グローバルに通用する方法をまずは目指すべきというのが体現されているように感じました。これから世界で生き残るための戦略を示しているように感じました。
少なくとも街中にはUNIQLOの袋を持っている若い人たちがチラホラいましたから、現地の支持も受けていると思います。

  • Brookly Bridge


その後はブルックリンからBrookly Bridgeを徒歩で横断しました。徒歩と自転車は、車道の上を移動できるような構造になっています。
まず地下鉄でブルックリンまで移動したわけですが、ブルックリンはManhattanとは違って観光客がほとんどいなくて、現地人(黒人系が多いように感じた)がチラホラ歩いている感じでした。Manhattanが特別で(詳しいことは後述しますが、一言で街の主要部分が観光地化されてしまっている)、ブルックリンの方が現地の生活に近いように感じました。警官がたくさんウロウロしていて、かつ一人で歩いていることもあり、少し怖かったです(何もなかったですけど)。後で考えてみると、多くの警官はブルックリン橋の交通違反の取り締まりをしていたんじゃないかと思います。


天気が良かったため、かなり爽快でした。20〜30程度で横断できます。Manhattanの高層ビル群やManhattan橋の景気は見事でしたし、自由の女神像も確認することができました。

  • Jazzコンサート


夜はTime Waner Center内にあるLINCOLN CENTERでJAZZコンサートを鑑賞しました。せっかくだから何かコンサートを聞けたらいいなと思いながら、予備知識なしで、ぷらっとチケットカウンターに立寄ったところ、偶然ちょうど開演直後のコンサートがあったため、深く考えずにチケットを購入しました。

600人程度収容可能な広めのホールでしたが、平日の夜にも関わらず、席はかなり埋まっていました。ホールも素晴らしく、ガラス窓からセントラルパークやその向こうにある5th Ave.やMadison Ave. の景気を眺めることができて、しかも時間が経つにつれライトアップされる様は本当にロマンチックです。

コンサートは途中で10分程度の休憩がありましたが、ちょうど2時間でした。技術的には詳しいことを語ることができませんが、素晴らしかったです。ヴォーカルさんの歌声もバンドの演奏もよかったです。