FIFA World cup 2014 Brazil その3

  • 予選グループB:オランダ VS オーストラリア

予想外の乱打戦になりました。ロッペン、ファン・ペルシを中心とした攻撃陣は相変わらず強力でしたが、オーストラリアの粘りも素晴らしかったです。
ハーフライン付近でボールを奪ったロッペンが一人で切り込んで先制。その直後にケーヒルが強烈なボレーを決め、そしてPKで逆転しました。そこからさらに、オランダが逆転して勝ちました。
今回のアジア枠では、オーストラリアだけが面白い試合を見せてくれます(他は本当につまらない、アジア枠を半減して欲しいくらいです)。

クロアチアの攻撃力が爆発して、4対0で圧勝しました。5点、6点入っても仕方のない展開でした。
エースのマンジュキッチのヘッドや、ペリシッチのカウンターなど攻撃のバリエーションが多彩だと感じました。
カメルーンは意味のないプレーで退場者は出足り、チーム内でけんかしたり、バラバラでしたね。なんでこんなチームがワールドカップ出るんだろう、と思ったくらい酷かったです。

ウルグアイの意地も、イングランドの意地も見えた面白い試合でした。トップクラスの両チームがガチンコでやりあうサッカーを予選から見れるのは幸せです。
後半から見ましたが、先制されたイングランドが攻めて攻めて、ルーニーがワールドカップ初ゴールを決めました。
ウルグアイは防戦一方に見えながらも、少ない手数でチャンスを確実に仕留めるサッカーは流石です。ひとえにスアレスの決定力が凄すぎます。プレミア得点王は伊達ではありません。怪我明けでこのパフォーマンスですから、恐ろしい…。

先に行われたウルグアイイングランド戦の後だったこともあり、本当に本当につまらない試合でした。
10人相手のギリシャに勝てなかったのは情けないです(退場者を出したのに負けない試合は少ないと思います)。日本はポゼッションしていたというよりかは、ボールを回されていただけで、脅威には見えませんでした。攻撃では内田、大久保が効いていたと思いますが、最後の詰めが…。スアレスを見た直後だと、大迫でも柿谷でも圧倒的なスケールの差を感じてしまいます。

本田、香川はどうしても真ん中でボールを運びがちなので、内田選手のようにサイドから切り込む回数を増やさないとギリシャに限らず、崩せないと思います。横パスも否定しませんが、ボールタッチが多く、散漫に見えました。攻めの時のテンポのメリハリ、といいますかギアチェンジがないと厳しいと思います。
ギリシャはチャンスは少なかったですが、決定的なチャンスはギリシャの方が多いと感じたくらいです。川島のセーブのおかげで無得点で済みましたが。
次戦は勝ち点を考えずに、コロンビアにぶつかってほしいです。このままだと本当にドイツ大会の繰り返しになってしまいます…。