読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂言ざざん座

Music

今日は水道橋の宝生能楽堂狂言を鑑賞してきました。
狂言を見るのは2回目になります。今回は野村万作さんグループの公演を見ました。宝生能楽堂は、500人くらい収容可能で、前回行ったセルリアンタワーよりも広く感じました。
中堅・若手メンバーが中心ですが、お値段が比較的お手頃でしたので、この公演を見ることにしました。

演目は「磁石」、「金岡」、「三人片輪」とお囃子でした。
あらすじは割愛しますが、個人的には金岡と三人片輪が面白かったです。
金岡の絵師の演技と、三人片輪の博打打ちの演技が面白かったです。後者は博打打ちが身障者に演じるので、現代では公演しにくいようですが、最後のオチはおもしろかったです。
狂言は後半で話が展開してから面白くなって、特にオチが面白い作品が多いなと感じました。