読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇治

昨日は宇治へ行ってきました。
まずはお昼ご飯を食べました。朝を抜いていたので、結構空腹でした。
鳥料理屋さんのランチをいただきましたが、かなり美味しかったです。とり天の揚げっぷりがほくほくでしたし、焼き鳥も美味しかったです。特にハツの焼き鳥は美味しかったです。鳥好きにはオススメです。
f:id:masimo:20151101163745j:image

平等院へ行きました。高校の修学旅行で行ったことがあるのですが、全く記憶が残ってませんでした。。
内部拝観は1時間半待ちでしたので、それは諦めて、外から眺めました。平等院はそんなに広くはなく、ゆっくり眺めました。昨年改修が終わったばかりで塗装が鮮やかでした。屋根の上にいる金色の鳳凰像がきらびやかでした。
f:id:masimo:20151101163810j:image
それからミュージアム(この建物も前回訪問した時にはなかったはず)で国宝の鳳凰や雲中供養菩薩像などを間近で見ることができました。雲中供養菩薩像はさまざまな楽器を奏でいるのが面白かったです。

その後は宇治上神社へ行きました。所々に神社からの注意書きがあったのですが、面白かったです。例えばこんな趣旨のものがありました。「お客様は神様という説がありますが、だからといって子供を好きに悪戯させてはいけません。本当の神様は目の前にいます。」
建物自体は現存最古の神社建築ですので、見ごたえがありました。
f:id:masimo:20151101163827j:image

次に黄檗駅近くにある萬福寺へ行きました。中国から来た禅師が開創したお寺です。あまり事前知識なしで行ったのですが、予想外に良かったです。
境内は広く、開放されている箇所は広くは、ずみずみまで見て回ることができました。中国の僧が開創したためか、日本風でないところも見えて面白かったです。
f:id:masimo:20151101163849j:image
f:id:masimo:20151101163855j:image
境内ではお坊さんたちがお経を唱えていたのですが、独特の言葉で話しているせいか不思議な雰囲気でした。

最後は有名なお茶屋さん(伊藤久右衛門 本店)でぜんざいをいただきました。夕方に到着しましたが、15-20分ほど待ちました。その間売店でぶらぶらしました。試飲した煎茶が美味しかったので購入しました。
ぜんざいは暖かくて、寒さで冷えた体に沁みました。大豆はほくほくで甘くて、美味しかったです。抹茶が申し訳程度の分量でしたが、抹茶の味が濃くて驚きました。
f:id:masimo:20151101163926j:image