読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港カップ(2015年)

  • 沙田 芝2000m G1
エイシンヒカリが逃げ切りで初G1勝ちを収めました。戦前は勝つとは思っていませんでしたので、驚きました。
 
外枠からのスタートですが、不完全燃焼に終わった前走とは違って、先手を主張して、逃げました。道中はマークが甘く、後続と2馬身ほどの差をキープできたことと、平均ペースで逃げられたのは大きかったですね。武豊騎手にとっては望外の展開だったと思います。右回りだったせいか、府中のときよりも心なしか安心して見れました。
直線でもしっかり延びて、ゴール手前30mでは武豊騎手がガッツポーズするほど余裕がありました。
この馬は日本だと上限タイムに限界のあると思っていますので、香港など日本の中央場所よりもタフな馬場が合っている気がします。
 
2着には内から伸びてきたヌーヴォレコルトが入着しました。鞍上が乗り代わりのムーア騎手でしたが、内から差してきたのはさすがだなと思いました。この馬は中山記念以来勝ち星がなくて、2着キャラになりつつあるような。
それでも3着のブレイジングスピード(2015年クイーンエリザベス2世C勝ち馬)や、4着のデザインズオンローム(2014年クイーンエリザベス2世C、香港カップ勝ち馬)に先着したので、かなり力があるなと思いました。
デザインズオンロームは勝ち星から遠ざかっているので力が衰えたのかなと思っていましたが、最後方からの伸び脚はすごかったです。
 
とにかく当日香港で観戦できた人たちは幸せだったと思います。
 
(17/Dec/2015更新)