読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路 (文春文庫)

路 (文春文庫)

台湾の新幹線(高鉄)事業に携わる日本人商社
仕事の舞台裏に関するお話はありません(そういうのを期待する方は別の本を読んだようがいいと思います)。日本人と台湾人の交流が軸に描かれています。

台湾に行ったことがある身としては、台湾の雰囲気(風土や人の考え方)についてよく描かれていて、感心しました。なんとなく台湾に行った時のことを思い出したりしました。
例えば、台湾の方の納期に対する考え方なんかは、そのとおりだなと思ったりしました。


あと本文の最後にこんな文章がありましたが、なんとなく共感できました。

台湾の人が日本を思う気持ちに比べると、日本人が台湾のことを知ろうとする気持ちは、あまりにお粗末としかいいようがない。

ある程度の期間現地にいる(なおかつ知り合いがいるとなる)と、台湾に限らず現地のニュースに興味をもつようになります。日本人は外国のニュースに興味が低い人が多いような気はしています。