読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津軽三味線リハーサル@文京シビックホール

Music

今朝フランスから帰国しました。朝から天気が良くて日差しがまぶしく、後片付けや洗濯をして過ごしました。天気が良くても睡魔に負けてしまい3-4時間眠りました。家だとぐっすり眠れるもんです。


夜は郷土民謡協会主催の大会で津軽三味線津軽じょんがら節)の合奏のリハーサルがあるため、文京シビックホールまで向かいました。
秋の郷土民謡協会の全国大会で、大人数での同一旋律の合奏でギネスに挑戦することになっており、そのリハーサルに参加させて頂きました。しかも、そのときに演奏する曲目は2020年の東京オリンピックの何かのセレモニーでも演奏するとか(ただ東京オリンピックの賄賂疑惑のニュースを聞くと、オリンピックを開催してほしくないと思ってます)。


その日は300人程集まったようです。全員が舞台に立てるわけがありませんので、演奏者が1階席の後ろ半分に座って、公開リハを行いました。
公開リハといっても、夜遅い時間ですので、関係者ぐらいしかおらず、あまり気張らずに演奏しました。とはいえ、人前で演奏するのは久しぶりでしたので、ゴールデンウイークに入る前は、それなりに練習しました。

リハーサルでは、自分の音がよくわかりませんでしたので、自分の演奏を客観的に評価できませんが、ぶっつけ本番の割には全体としては揃っていて、演奏できている人は思ったのより多いなと思いました。とはいえ、高音になるところでわかりやすいほど走ってしまうのが残念でしたが。。
300人でまあまあな演奏でしたから、秋の本番(1600人目標)でも形になる予感はしました。個人的には不慣れな点がありますので、もう少し練習して上達した状態で臨めればと考えています。


それにしても帰国して間もなかったので結構疲れました。家にいるときは元気だと思っていたのですが、やはり時差ボケか疲れを感じました。

(15/Jul/2016更新)