Paris Trips day1

  • 動機

ゴールデンウィークは10連休で、家にいてもダラダラ過ごすだけですので(実際4/29はダラけていました)、思いっきり海外に行ってみました。一人でぷらっと行けて、移動含めて4-5日必要で、航空券、宿泊代が比較的手頃なところを探したところ、パリに決めました。
小さくまとまっているので徒歩で結構回れるという話を聞いていて、美術館が多いので興味がある街でした。事前に十分に下調べせずに、とりあえず往復航空券と宿だけ予約して、前日にガイドブックを購入して出発しました。ちなみに航空券がエールフランスの直行便往復で約12万で、宿泊代が3泊で2万弱でしたので、適当に探した割には、かなりお得な買い物だと思います。例えばJALの正規往復便ではエコノミーでもこの3倍以上しますし。。

  • Narita airport~Air France

朝8時半頃成田空港に到着しましたが、カウンターや手荷物検査は空いていました。カウンターで搭乗手続きする際に、エコノミーの空きがないと言われ、189€の追加料金を払ってプレミアエコノミーに座ることにしました。そもそも前日の予約なので文句を言う立場ではなかったですし、値段は許容範囲で、人生経験として悪くないと思い、了承しました。

プレミアムエコノミーの座席は広くめで、隣が不在で気兼ねなく過ごせました。料理もフォアグラの前菜がついたり満足でした。

食後はコニャックをいただきました。白ワインを蒸留したもので、結構芳ばしい香りがしました。初めて飲んだんですが、ストレートだときつかったです。手元にあるミネラルウォーターで割って頂きました。コニャックのおかげ?で2-3時間仮眠を取ることができました。支給されたアイマスクと無印のネックピロー(発砲ビーズタイプ)の効果も大きかったと思います。

  • Arrive at Paris

シャルル=ド=ゴール空港での入国審査ですが、優先レーンを通してもらったため、待ち時間はほとんどありませんでした。しかも入国審査書類の記入が不要で楽でした。
空港の建物は壁や天井に木材が使われていて意外でした。

それからロワシーバスに乗って、中心部のオペラへ向かいました。空港は郊外にあるため、大手ホテルくらいしか建物はありませんでした。それよりも木々や草花など緑が本当に多いことに驚きました。木々が育ちやすい環境だからだと思いますが、昔から自然が多い国なのかなと思いました。

到着地に近づくにつれて、建物が多くなるのですが、アジアの都市とは違って鉄筋コンクリートの建物は少なくて、昔からあるような歴史を感じる建物が多くて、素敵な街だなぁと感じました。

オペラに到着した後は日本人向けのツアーを提供しているマイバス社に向かい、2日後のヴェルサイユ宮殿の半日ツアーを申し込みました。今までの経験から郊外よりも遠くのツアーは日本語ガイド+車移動付きのほうが楽に楽しめると思ったからです。日本語で対応していただいたので、かなり楽でした。

その後はホテルまで歩いて向かいました。地下鉄で4〜5駅ほどの距離ですが、土地勘が無い為、1時間以上かかって宿に到着しました。
部屋は狭目ですが、一人で寝て過ごすだけなら問題ないです。冷蔵庫やバスタブはありませんでしたが不便はしませんでした。受付の方の対応もよかったので(私の拙い英語でもコミュニケートできた)、値段を考えると大分お得だと思いました。

  • Tour Montparnasse

あれこれするうちに午後8時半になりました(日没が遅いため、まだ明るかったです)。何処にも行かないのは勿体無いと思い、パリの夜景を見に出かけました。
シャンゼリゼ通りやエッフェル塔を高いところから見たほうがいいかなと思い、エッフェル塔の少し南方のモンパルナスにある超高層ビル(モンパルナスタワー)からみました。
エッフェル塔以外の建物(凱旋門など)は高さがあまりないため、間近でみたほうがよかったかもです。夜の10時にエッフェル塔がまぶしくライトアップされたのですが、それを見ることができて良い思い出になりました。
f:id:masimo:20160503214259j:plain

ただ帰りがビルの退出時間と被ったのですが、多量の学生がいたのですが、ものすごく何度も横入りされたのが非常に不愉快でした。しかも夜10時を越えると、街はかなり暗くなっており、バー以外は閉店していました。何も食べずに、地下鉄で帰りました。地下鉄は薄暗くて、ちょっと怖かったです。何かをされてもおかしくない雰囲気で(結果的には何事もありませんでしたが)。。
パリは夜10時までには宿に戻ったほうがいいなと思いました。

(13/May/2016更新)