読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第155回 天皇賞・春

  • 京都11R 芝3200m G1

戦前からキタサンブラックサトノダイヤモンドの一騎打ちと見られていましたが、キタサンブラックレコードタイムで連覇を果たしました。
キタサンブラックは今日も好スタートで、スムーズに番手を確保しました。今日はサトノダイヤモンド対策で、先行しないかもと思ってましたが、武豊騎手は自分の競馬をすることに徹していて、それが結果的に勝ちに繋がったと思います。毎度のことですが、スタートの旨さは抜群ですね。それに対してサトノダイヤモンドは中団後方待機でした。
道中はヤマカツライデンが超ハイペース(1000m58秒台)で逃げて、キタサンブラックは二番手追走でした(いつものことながら実質単騎逃げの形でした)。
4コーナーでヤマカツライデンがバテてきたところで、キタサンブラック馬なりで先頭に立ったところは人馬ともに格好良かったです。直線に入って鞭が入り伸びて、ゴール前も他馬を寄せ付けずに、2着に1 1/4馬身差をつけて完勝しました。

 

サトノダイヤモンドは道中はやや外を回る形だったとはいえ、自分でレースの流れを変えられず、阪神大賞典で先着したシュバルグランに負けてしまい、無条件で古馬No1といえる存在でないなと思いました。決して弱くはないのですが、期待値が高かっただけに案外という感想です。勝ち馬と比べると、4歳なのに去年の冬からあまり成長を感じないような。。この馬に限らず、一度完成したディープインパクト産駒は成長が乏しくて、ピーク期間も持続しない印象なので秋が不安です。また斤量58kgに堪えきれなかったようにも見えるので、さらに斤量が重くなる凱旋門賞が不安です。
それに対して2着のシュヴァルグランは福永騎手の好騎乗もあり、善戦しました。前走の阪神大賞典サトノダイヤモンドとの勝負付けは済んだと思っていましたが、積極的なレース展開で逆転しましたね。ゴール前は伸びていましたがましたが、勝ち馬が一枚上手でした。
3番人気のシャケトラは出遅れから無理やり先行するというチグハグな展開。人馬ともに今後の成長に期待したいです。

 

タイムはディープインパクトのタイムを0.9秒更新するレコードのおまけ付き。破られないだろうと言われていたディープのタイムを武豊騎手で、しかもその兄の産駒が更新したことにドラマを感じます。今まで内容は強くともタイムでケチをつけられることもあった勝ち馬ですが、それを払拭する結果となり、ファンとしては嬉しいです。
天皇賞・春の一番人気は勝てない、というジンクスを破ったわけですが、過去の一番人気の勝ち馬を見たら、ディープインパクトテイエムオペラオースペシャルウィークメジロマックイーンシンボリルドルフなど超名馬ばかりで、このレベルの名馬たちの実績に並んだと思います。
大阪杯天皇賞・春と連勝し、去年よりもスケールアップして驚きました。陣営は去年の春から「今年本格化する」と言ってましたが、それを有言実行するとは思いませでした。
とはいえ反動が怖いです。古馬との勝負付けは済んだし、馬場コンディションが悪くなりがちな宝塚記念をスキップして、凱旋門賞挑戦に専念してほしいなと思います。とにかく無事でいてほしいです。

 

(updated on 03/May/2017)