読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジア旅行(アンコール・トム、アンコールワット他)

この日は日本で予約した個人ツアーでアンコール・トムとアンコール・ワット観光に行きました。
旅行ガイドブックに載っている会社に頼みましたが、この日のガイドは良かったです(この会社は日本語教育が厳しく、アンケート結果が評定に直結するなど厳しい雰囲気を感じました)。
朝8時に出発し、最初に3daysのチケットを購入しました。$62とガイドブックに掲載されていた値よりも値上がりして、予想外のことにビビりました。。ギリギリしか持参していなかったため、所持金の半分以上使ってしまいました。


最初にタ・プロムに向かいました。巨木の根が遺跡に絡まっている姿は圧巻でした。要所要所で復元されているのですが、廃墟の雰囲気が残っている点は素晴らしかったです。
f:id:masimo:20170501034018j:plain


その後にアンコール・トムに向かいました。9時を過ぎると日射しがかなり強く、日向にいるだけでかなり発汗して体力を消耗しました。まずはライ王のテラスや象のテラスなどをみました。この周辺の壁にはガルーダなどのレリーフが掘られていました。こちらは象のテラスです。なかなかの大きさでした。

f:id:masimo:20170501093407j:plain

王宮を見た後は、中心寺院であるバイヨンを見学しました。多数の四面仏像があり、かなりの迫力でした。個人的に結構満足しました。
f:id:masimo:20170501052540j:plain

ジョグジャカルタの時とは違って日本人観光客はチラホラいました。大体が私のように少人数のツアーでした。それに対して中韓系は団体ツアーが多く、鬱陶しかったです。


お昼は「Amazon Angkor」というレストランでランチをいただきました。この界隈では高級レストランということもあるでしょうが、とても満足でした。
ココナッツカレー、アモック、空芯菜の炒め物、スイカジュースと食べたかったクメール料理を一通り食べられて満足でした。アモックはイエローカレーに近い味でレモングラスが効いていて美味しかったです。空芯菜の炒め物は安定して旨く、スイカジュースはスイカを食べてる感じで美味しかったです。
f:id:masimo:20170501113618j:plain
デザートのかぼちゃのケーキは、さつまいも並の甘さでした。
f:id:masimo:20170501120428j:plain


午後は日本人夫婦と一緒にアンコール・ワットに行きました。13時半に到着しましたが、観光客はそれほど多くはありませんでした。ただ日陰が少なく、蒸風呂サウナ状態でした。汗が止まりませんでした。西門から入場して建物が見えた時は感激しました。これくらいからの距離で見るのが一番綺麗だったような気がします。
f:id:masimo:20170501135427j:plain
西参道の塔門には内戦時の弾頭の跡が残っていたり、仏像の頭が取られていたり、荒らされており、だからこそこれからは大事に保持してほしいなと思いました。そして第一回廊にいき、マハーバーラタなどの物語が彫られたレリーフを鑑賞しました。
第二回廊は特にめぼしいものはないためスルーして、第三回廊へ向かいました。早めの時間に到着したため、ほとんど並ぶことなく入場できました。生活用に設計されていないため、階段が急でした。中央祠堂の仏像や彫刻は綺麗に保持されていました。
建物の上から周辺を眺めると周りはジャングルの森だけで、本当にジャングルの中に突然現れた遺跡なんだなと感じました。


その後はブノンバケンに登頂しました。300人制限があるため、早めに登頂し、日没まで1時間ほど待ちました。富士山の御来光を待っている気分に近かったです。
しかしながら西方向に分厚い雲がかかっており、夕日を満足に見られませんでした。。昨日飛行機夕日を満喫ましたし、自然が相手なので、仕方がないと割り切れました。
f:id:masimo:20170501174231j:plain

その後、アプサラダンスショーを見ながらビュッフェ形式のディナーを頂きました。当初予約していなかったのですが、ガイドさんから$12(ドリンク代は別)でOKと言われて、同行していた方にも勧められて行くことにしました。
ご飯は普通に美味しかったですし、ショー込みで考えると値段もreasonableだと感じました。踊りは5-6人単位で踊っていましたが、全員が同じ動きだったので面白みに欠けました。とはいえ音楽込みで雰囲気を味わう分にはアリだと思います。
f:id:masimo:20170501195455j:plain

(updated on 19/May/2017)