第140回 中山大障害

  • 中山10R 芝4100m J・G1

結果的に障害王者のオジュウチョウサンが障害G1 4連勝を決めましたが、非常に見応えのあるレースでした。

アップトゥデイトが大逃げを打ち、オジュウチョウサンは最初は4番手を進みました。3コーナーの時点でも逃げ切れるほどの差がありましたが、オジュウチョウサンは徐々に差を詰めていきました。直線でもアップトゥデイトは粘りに粘って、残り30mほどで差し切った感じです。障害のレースでこんな際どい差し切りのレースはなかなか記憶がありません。
ひとえにアップトゥデイトが完璧な逃げを打ったことに尽きます。それを差し切ったオジュウチョウサンは当然すごいですし、鞍上の石神騎手も焦らずに乗ったことも素晴らしいと思います。しかもレコードのおまけ付きですから、言うことなしです。3着以外に大差をつけたわけですから、勝ち馬と2着のアップトゥデイトは賞賛されるべきだと思います。

オジュウチョウサンは、今日全体的に飛越が怪しかったですが、重心を低くして走るフォームは父のステイゴールドを彷彿とさせて、個人的に好きです。障害G1を4連勝するような馬は過去にいないと思いますし、こんな馬はなかなか出てこないと思います。

何より全馬完走したことが立派です。そしてそれを祝福するレース後の観客の拍手も暖かく、本当に素晴らしいレースでした。