2018FIFA ワールドカップ Russia その3

セネガルはマネ選手など身体能力は高いですが、ポーランド戦では非常に組織的な守備をしていて、シセ監督(若手のイケメン監督)を中心にまとまった面白いチームだと思いました。試合前はセネガルポーランド戦のようにガチガチに守って、カウンターを徹底されると怖いなと思っていました。

実際はセネガルは結構ポゼッションしていて、そんなにスピードを生かした攻撃をしてきませんでした。この日は昌子選手や柴崎選手の守備が素晴らしく、起点で潰していたと思います。特に柴崎選手は守備が得意という印象がなかったので意外でした。
セネガルの1点目は川島選手が叩かれまくりましたが、日本の2点目もセネガルのキーパーの不用意な飛び出しで戻れなかったものなのでお相子な気がします。

日本の攻撃も大体横パスで繋いでいて、その場合は怖さがなかったですが、柴崎選手のロングパスから長友選手のセンタリングからの乾選手のゴールは素晴らしかったです。こういう効果的なロングパスや速いパスのつなぎができるようになったことは進歩だと思います。
日本の守備も最後まで集中力が切れず、むしろ相手が根負けして攻撃が雑になりましたから。

この試合は素晴らしかったと思います。日本チームがこういうサッカーができるとは思っていませんでした。セネガルも素晴らしいチームだったと思います。シセ監督が続投いただいたら、もう一段階上のレベルに進めそうな気がしてます。

  • 予選の印象

ドイツの予選敗退にはがっかりしました。ドイツに限らず、ポーランドなどヨーロッパのランキング上位チームはポゼッションするものの攻撃が非常に雑な印象でした。特に韓国戦はひどかったです。
それから予選リーグの体制が決まった後の3戦目もつまらない試合が多かったです。例えば日本戦の最後の10分は目に余りました。。