老後4000万問題?

最近某TV番組で老後不足する金額に関してショッキングなニュースが出たみたいですね。私は存じませんでしたが、YouTubeで紹介されている動画を見て、知りました。
2017年は2000万不足すると言われていたものが、昨今のインフレ率を考慮すると、4000万不足すると警鐘を鳴らしたものらしいです。

個人的にはこの考え方は正しいとは言い切れないと思います。その理由は以下のとおりです。

  • そもそも支出の計算の元となっている平均値はアテにならない(人によって違う)
  • インフレ率の前提=3.5%が悲観的すぎ

とはいうものの貯金や投資信託などでこまめに貯蓄して、将来の種銭をスクスク育てています。


少し話はそれますが、TVニュースは積極的に避けています。というのもこのように何かと恐怖心を煽る内容が多すぎるからです。もし見てしまっても、それを間に受けずに、一歩下がった視点で考えるなり、深呼吸してから聞くようにしています。
最近読んで良かったと思える本にもこのように書かれていました。最後にそれを紹介して閉じます。

聴者の不安と怒りを煽るのが、ニュースの仕事だ。でも科学、経済、教育、紛争の傾見る限り、世界は基本的によい方向に向かっている。楽観的でいこう。
(出典:シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカント)