読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地下室の手記

Book

地下室の手記 (新潮文庫)

地下室の手記 (新潮文庫)

初めてドストエフスキーを読みました。「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」が有名ですが、分量が多いので、まずは分量が多くない本から挑戦してみました。後期の大作群の転換期となった作品とされています。
内容はざっくり言いますと、自意識過剰な引きこもりの中年男性の心情を綴った手記です。ネガティブな心情を綴っていたので、最初は太宰治の「人間失格」に似たような感じもしましたが、こちらのほうが痛々しく感じました。ただ、うまく表現できないのですが、迫力が凄いなとは感じました。