Rue Favart モーニング

日曜日のことですが、ワンちゃんと恵比寿にある”Rue Favart”というレストランでモーニングしてきました。約1年前にティータイムに伺ったことがあり、ケーキが美味しく、ワンちゃんも快く受け入れてくれたため、また行ってみたいと思っていたお店でした。

Webで調べたところ、ランチ、ティータイム、ディナー以外にもモーニングも営業していることを知り、朝の時間帯にお伺いしました。
朝10時過ぎに着いたのですが、2階席はかなり埋まっていて驚きました。我々は3階で過ごしましたが、そちらはほとんどお客さんはおらず、ゆっくりできました。

サンドイッチセットは売り切れで、フレンチトーストセットを注文しました。10-15分ほどで提供されました。

厚切りのバゲットに、牛乳と卵がしみしみで、うちでは作れない感じでした。
ハチミツや砂糖などかかって甘々な味付けでしたが、美味しかったです。
なかなかボリュームがあり、その日のお昼は軽くで、済ませました。

ワンちゃんと入れる朝から営業しているカフェは少ないので、重宝しそうです。

(updated on 24/Jan/2023)

ステーキハウスリベラ

昨日献血をした後、エネルギー補充のために血も滴るステーキ肉を食べました。高輪台近辺を走っている時に”ステーキハウスリベラ”というお店が目に入っていて、一度入ってみたいと長らく気になっていました。口コミを見たところ、高輪台の五反田店だと”ステーキソースを隣の人と共有している”という口コミが引っかかってしまい、目黒店に行くことにしました。
東急東横線学芸大学駅から15分弱歩いたところに店がありました。昨年OPENしたニトリ目黒通り店の近くにあります。店の看板に多数のプロレスラーの写真があり、かなりインパクトのある外観です。

食べすぎても後悔すると思い、1/2ポンド(約220g)ステーキを注文しました。注文してから10分もかからず熱々のお肉が提供されました。

最初はソースをかけずに頂きました。塩胡椒の下味がついていて、美味しかったです。
ソースをかけた後は喰らいつきました。脂身が多くなく、赤身メインで食べやすかったです。表面はよく焼けている一方で中心部は赤みが残っている焼き具合でした。
食べている最中は気にはなりませんでしたが、歯間に筋が挟まり、帰宅後歯間ブラシでようやく取れたので少し引っかかった点でした。それでも十分美味しかったです。献血で失ったエネルギーを補充できたような気がします。
お世辞にも衛生面はちょっと物足りないところがあり妻は苦手だと思われるため、一人で肉を食べたい時にはいいかなと思いました。

久しぶりの400ml献血

最近は献血といえば時間がかかってもダメージの少ない成分献血ばかり受けていました。ただ来月以降は献血をする時間が取れなさそうなため、久しぶりに400ml献血を受けました。
今晩は雨で走れなさそうだったため、当日の正午頃に最終の枠で予約しました。
予約の時間に献血ルームに着くと人はあまりおらず、私が最終受付でした。

人が少なく余裕があったためか問診医さんやスタッフさんの対応が良いように感じました。時間省略のためか紙パック飲料を摂取しながら問診や血液検査を受けることができました。Z世代の言葉で言うならタイムパフォーマンスが良かったです。
血液検査の直後に、検査として塩分タブレットを3粒摂取しました。献血後の立ちくらみ等の副作用が軽減するかどうかのテストみたいでした。
その後速やかに献血をし、10分もかからず終わりました。

終了後は20分ほど休憩して帰りました。その際、スタッフの方と問診医の先生に声をかけられ、体調の確認をされました。最後だからわざわざ声をかけていただいたのかなと思いましたが、もしかしたら塩分タブレットの効果確認のためかもしれません。確認しなかったためは真意は分かりかねますが、いずれにせよ気持ちの良い対応でした。
終わった後もそれほど疲れなどダメージを感じませんでした。塩タブレットの効果なのかわかりませんが、良かったです。

最後に最近献血カードがアプリ化されたことを紹介したいと思います。まず献血カードの提示が不要になり、非常に便利になりました。荷物が減ったのはありがたい限りです。
またアプリ上で事前問診ができるようになり、こちらも受付時間短縮でき、とても有用な機能です。

品川富士

今日品川神社にお参りに行きました。さすがに9日なると初詣で参詣する人は落ち着いてきました。
品川神社富士塚があることは、以前から聞いたことがあるものの今日初めて登ってみました。

六合目まではそれほど九ではありませんが、そこから急に傾斜がキツくなりました。鎖に捕まりながら登った方が良いほどで驚きました。ヒールなどグリップの効かない靴だと危険だと思います。

頂上からの見晴は良かったです。遠くにうっすらレインボーブリッジが見えます。

台湾朝食セット@春水堂

渋谷マークシティにある春水堂ではモーニングセットが提供されていて、前から気になっていました。ただ当初は平日限定でなかなか時間が合わず行くことができませんでした。最近ホームページをチェックしたところ土日もサービスされていることに気づき、今朝行ってきました。

午前10:15頃到着したのですが、ほとんどお客が入っていませんでした。私は台湾朝食セットを注文しました。

鹹豆漿(台湾の豆乳スープ)とルーロー飯とドリンクのセットです。
スープは黒酢の風味が強めで、豆乳のクセがありませんでした。鶏肉がたくさん入っていて思いの外ボリューミーでした。
ルーロー飯は春水堂さんでは初めて頂きましたが、期待通りのおいしさでした。八角が効いた甘味の強いチャーシューと卵が美味しかったです。最後ソースにかかったご飯も美味でした。
お茶はジャスミンミルクティーにしました。モーニングセットだとタピオカ入りはチョイスできませんが、それでも十分なボリュームなので問題なしです。お茶も安定の美味しさで大満足でした。

11時前に退店しましたが、そのあたりからお客さんが増え出して、休日のモーニングのことを知っている人が少ないかもしれません。
また機会があれば寄ってみたいです。モーニングにおすすめです。

ジョギングの記録:2022年10月ー12月

昨年の秋〜冬のランの記録です。

  • 10月:累計距離=63.5km、回数=7回
  • 11月:累計距離=26.3km、回数=3回
  • 12月:累計距離=82.2km、回数=9回

今年の秋は温暖でジョグに良い季節だったと思いますが、10月と11月に粉瘤等の手術を受けたことにより術後2週間はジョギングを自粛しました。それゆえ回数は少なかったです。また11月は肋間神経痛の症状がなぜか出ていたこともあり、ランを極力控えた形になりました。

その代わり、体調が回復した12月は走るように努め、年末近くにはわりかし良いペースで走れるようになったと思います。12月中旬から冷え込みが強くなりましたが、よく走ったと思います。

第99回箱根駅伝

今年も2-3日は箱根駅伝に見入ってしまいました。

往路

うちは第1区の経路の近くに住んでいることもあり、生観戦しました。朝早い時間ということもあり、それほど混雑せずに間近で見ることができました。
学生連合の新田選手(育英大)が集団から飛び出していたことは知っていましたが、実際に見ると想像以上のリードで驚きました。あんなにリードしているのは初めて見た気がします。

後続が牽制しあっていたためペースが上がらず団子で進んでいました。それに対して新田選手は暴走というペースではなかったため逃げ切るのではと思う瞬間もありました。最終的には3位になりましたが、最後まで沸かせてくれたと思います。

2区は駒澤大の田澤選手、中央大の吉居選手、青山学院の近藤選手の鍔迫り合いがすごかったです。日本人エースのぶつかり合いで花の2区にふさわしい好勝負で見応えがありました。最後スパート勝負を制した吉居選手が区間賞を勝ち取りました。田澤選手は本調子に見えなかったのですが、直前に病気を患わっていたことが後で聞いたのですが、それでもエース対決に持ち込んだのが意地だなと見えました。
3区も4区もこの三大学の抜きつ抜かれつのレースで見応えがありました。5区で青山学院が後退し、駒澤大が逃げ切りました。

復路

復路は主力を残している駒澤大と青山学院に分があるかなと予想していましたが、中央大がかなり善戦しました。
レースとしては常に区間上位の結果を収めた駒澤大が優勝しましたが、中央大も追いつきはしなかったものの最終的に2分未満の差で収めて頑張っていたと思いますし、そのおかげで最後まで楽しめました。
一方で青山学院は山の特殊区間でタイムが伸びず、9区の岸本選手の好走があり3位になりました。戦力が例年より揃っていない印象で本調子でない選手も多い印象で、選手層が厚いか全体の調子が高くないと箱根で勝つのは難しいなと感じました。

その一方で4−7位の国学院大、順天堂大、早稲田大、法政大は詰まっていて、最後まで順位がわからず、ここの駆け引きも楽しく見れました。最後のシード権は東洋大が勝ち取った形です。
8、9区で繰り上げスタートがあったものの、上位以外の大学も底上げされている印象で、思ったほどタイム差がつかなかった気がします。また棄権した選手がおらず良かったです。

駒澤大、大八木監督

優勝した駒澤大学は主力の何人か欠場したようですが、それでも層の暑さを感じました。駒澤大は安定して強い印象ですが、大学駅伝3冠を取ったのが今回が初めてだったようです。選手、スタッフの皆さんにはおめでとうございます、と言いたいです。
レース後驚いたのが駒澤大の大八木監督の引退発表です。当初は昭和のいわばパワハラスタイルで苦手でした。しかし最近は指導方針を変え、選手の声を聞くようになり、信頼されている、との声も聞くようになり、立派な監督さんだなと思っていました。残念ですが、結果的に有終の美を飾ることができ、後任の監督さんの確保できているので良いタイミングだったかもしれません。他人事ながら、お疲れ様でしたと言いたいです。

米沢牛

昨年のふるさと納税額に余裕があったこともあり、年末年始のご褒美として、すき焼き用の牛肉を発注しました。山形県の某自治体からすき焼き用の米沢牛を発注しました。米沢牛日本三大和牛の一つらしいですが、この度初めて頂きました。

年末の忙しい時期でしたが、2週間弱でうちに届きました。こちらが実際に届いた牛肉です。霜が綺麗に入っている立派なお肉でした。証明書が添付されていてA5ランクとのことでした。

すき焼きにして頂きました。480g入っていて、二人なので2回に分けて頂きました。うち一回はお正月のご褒美ということで、昨晩頂きました。

こちらは妻が準備してくれましたものです。とても美味しかったです。肉が硬くならず、むしろ柔らかったです。高級肉で味わる油がとろける感覚でお腹が一杯になりました。うちでこんなお肉を食べられるとは驚きです。ジューシーでお腹いっぱいになりました。

2023年最初の日記

2023年になりました。昨晩は特にTVを見ずに読書して、妻も私も日付が変わる前に寝てしまいました。

以前は大掃除など用事を年末に済ませて、年始は何もしない過ごし方というのが主流だったと思いますが、私たちは年始は親族含めて人に会う用事がなく、箱根駅伝を見るくらいしかやることはないため、昼間はお掃除をしたり、洗濯したりして過ごしました。

お昼ご飯は、妻がお雑煮とお節を準備していただいたので、それを頂きました。お雑煮は上品な味で野菜がたっぷりで美味しかったです。
お節は近所でかまぼこ、錦玉子、黒豆、栗きんとんだけを買ってきました。錦玉子は妻の希望なのですが、近場で買えるとは思わず、良かったです。なかなか上品な味で、何度か食べると好きになって気がします。

午後はワンちゃんとお散歩したり、初ランしたり、まったりと過ごしました。なかなかいい休日だったと思います。


最後に、卯年ということで、うちにあるウサギの縁起物というわけではありませんが、ミッフィーちゃんグッズを紹介します。

ウサギは温厚な性格から「家内安全」だったり、跳躍する様から「飛躍」「向上」を象徴するようで、そんな一年になったらなと思います。

POTIER COFFEE

おそらく2022年最後の記事になると思います。再び食べ物ネタになります。

タイトルのお店は新横浜と横浜元町にあるコーヒー屋です。コーヒー好きとしては気になるお店だったのですが、先日はじめて豆を購入しました。コロンビアデカフェのコーヒー豆を注文しました。
注文してから焙煎してくれる、という仕様でした。焙煎するのに15-20分ほど待つ必要がありますが、その待ち時間にホットコーヒーを1杯サービスいただき、お得な気持ちでした。
焙煎したての豆のため、いい香りがしました。

実際に家で淹れてみると、最初は粉が膨らんでとてもいい匂いがしました。デカフェにしては、そんなに軽くなく、ほどよい苦みがあり、美味しかったです。
また足を運んでみたいと思います。

この一年は自身では1ヶ月近く病気を患ったり、手術をうけたり、妻の体調も安定しない時期もありました。それでも仕事や家庭のことなど一年間無事に乗り切ったと思っています。来年も新しい挑戦があったりしますが、家族や周りの力を借りて乗り切れればと思っています。
このブログに足を運んで頂いた方々、どうもありがとうございました。