2022年青森滞在記その2:青森駅周辺での食事

青森駅周辺でいくつか食事をしましたので紹介します。駅前ののっけ丼もよいのですが、昨今の値上げにより¥2,000になり、別のお店で食事してみることにしました。

つじ製麺

こちらのラーメン屋さんへ初めて行きました。祝日のお昼時に伺った際は人気でお店の外で少し待ちました。私はあっさりなラーメンが好きなので、昔ながらの「煮干し中華そば」を頂きました。

素朴で優しい味でした。チャーシュー以外にメンマ、ワカメ、お麩など具も十分にあり、美味しかったです。しかも値段がたったの600円と安く、東京では考えられない価格設定で驚きました。

シュトラウス

ラーメンを食べた後に、こちらのケーキ屋さんに行ってきました。何度か青森に行ったことがあったものの、このようなお店があるとは長らく知りませんでした。こちらのblogで紹介されて気になり、行ってみることにしました。
店内のインテリアは非常にオシャレで青森にあるとは思えない程でした。

14時までだとお得なケーキセットがあり、ショートケーキとミルクティーのセットを注文しました。

味はまあまあでしたが、値段はこちらも非常リーズナブルでした(820円)。名物のザッハトルテがいただけなかったのが残念でしたが、仕方がないですね。優雅な雰囲気でゆっくり過ごしました。

鮨処あすか

平日のランチタイムに伺いました。当初は別の気になる店に行ってみたかったのですが、お休みだったため、こちらのお寿司屋さんに行きました。結構混んでいました。入店まで待ちましたが、オーダー後はほとんど待つことなく、職人さんの握り立てのお寿司を頂くことができました。

あんまり生魚は好きではありませんが、こちらのお寿司はとても新鮮で生臭さを感じず、美味しく頂きました。また具が大きくプリプリで満足度高かったです。海老が一番美味しかったです。他の具も美味しかったです。
しかもランチのセット価格(他にサラダやコーヒーなども付いていました)とはいえ、¥1,680ですからリーズナブルだったとおもいます。東京含めた関東近郊だとこのクオリティのものはなかなかないと思います。

2022年青森滞在記その1:青森空港

9月最後の連休の際に、用事があり、青森へ行きました。9月下旬は仕事も立て込んでいて、さらにプライベートでも遠方に行く用事があり、忙しかったため、このブログの更新が滞っていました。
その際のいくつかのトピックを紹介していきたいと思います。

移動では新幹線ではなく、飛行機を使いました。私がJALマイルの会員で、このパンデミックの間に有効期限切れにマイルを変換していたJALポイントがたくさんあり、それで代金を賄えたというのが大きかったのですが。

青森空港にラウンジがあり、帰路でお土産を購入した後で、少し休憩しました。こちらのラウンジのリンゴジュース(シャイニーアップルジュース)がとても美味しいです。

りんごの蜜が濃厚で、甘くて美味かったです。前回初めて頂いた際感激したのですが、相変わらずのおいしさでした。
一方でその横にあるオレンジジュースですが、前回飲んだ時驚くほどの不味かったのです。その当時のトラウマと美味しくなさそうな見た目から、今回は避けました…。妻も「このジュースはどこで仕入れているんだろうね」という程です。

ジョギングの記録:2022年7月-9月

今年の夏場のジョギングの記録です。

  • 7月:累計距離=61.8km、回数=7回
  • 8月:累計距離=16.4km、回数=2回
  • 9月:累計距離=61.8km、回数=7回

7月下旬から暑さが厳しくなったため、7月のランの回数は減りました。また8月は長らく病気をわずらわっており、ジョギングできたのは下旬の2回だけでした。病み上がりということで、無理せずランの習慣を取り戻すつもりで走りました。しばらくは身体が本調子でなく、腕の振りがイマイチで、タイムも落ちていました。
9月に入り、夕刻の気温が落ち着くと走りやすくなりました。徐々に体力も戻ってきて、タイムも以前のものに近づきつつあります。それでもまだ息が上がりやすく感じていますので、もう少し調子を戻していけたらと思っています。

鉄板焼 匠

今日プロポーズから5周年を記念しつつ、妻の日頃の苦労を労うため、竹芝にあるインターコンチネンタル東京ベイでランチしてきました。私自身はインターコンチネンタル東京ベイに初めて行きました。休みということで何組もウェディングを挙げていて、人気だなと感じました。

レストランの受付で予約してあることを伝えると、奥にある鉄板焼のスペースへ案内されました。我々はアルコールが苦手ということもあり、ノンアルコールワインで乾杯しました。ノンアルコールとはいえ、ワインのような芳醇さがあり、フルーティで美味しかったです。アルコールなしでワインの味わいが出ていて、驚きました。
最初に焼きトマトが提供されました。調理の最後でアルコールが投入された時、炎が上がりテンションが上がりました。

表面は程よい苦味を感じつつも、中身の甘みが引き出されて美味しかったです。

続いて、秋鮭とナスのグリルをいただきました。鮭がほくほくでとても美味しかったです。ソースが白身魚には珍しい赤ワインベースでしたが、生クリームと醤油が効いていて、お魚と合っていました。

そしてメインの和牛フィレをいただきました。今日はミディアムでいただきました。表面はよく焼かれていたものの、高級和牛特有のとろける感覚でとても美味しかったです。ジューシーかつ甘いお肉は久々でした。付け合わせのジュレや塩の種類が豊富で、いろいろな味わいを楽しめました。

お食事の最後はガーリックライスとお味噌汁で締めました。高級鉄板焼屋さんだとご飯は少量なことが一般的なのですが、ここではご飯の量を増やしたり、減らしたりできました。ご飯は粒が立っていて、美味しかったです。香の物は「五分漬け」と呼ばれる切り干し大根の漬物でしたが、こちらも非常に美味しかったです。

このほか、シェフが料理の説明だけでなく、素材などについてもいろいろお話ししてくれて、楽しかったです。我々の他にもう1組いたにも関わらず、写真まで撮ってくださり、ホスピタリティあふれる対応で嬉しかったです。他のスタッフの方々もきめ細かな対応で感謝しています。
サービスチャージが15%かかるのですが、それに値するサービスを提供していただいたと思います。

デザートはカフェラウンジで、アイスクリームとプティガトーワゴンをいただきました。プティガトーは6種類ほどあり、その中の2−3種類だけを食べるのかと思っていたのですが、実際は希望する全種類をいただくことができました。最後のデザートで満腹になってしまいました。

妻ととても楽しい時間を過ごすことができ、よかったです。ご飯も美味しかったですし、またご飯に伺いたいです。

アントニオ猪木さん

今日元プロレスラーのアントニオ猪木さんがお亡くなりになったそうです。ここ数年は難病をわずらわっており、衰えを隠せない様子でしたので長くはないのだろうなと思っていましたが、残念です。

私がプロレスを見ていたのが2000年前後で、彼の全盛期を知らないのですが、Amazon Primeの「有田と週刊プロレスと」などで彼が新日本プロレスに与えた影響を聞くと、非常に大きな存在だったなと感じていました。だから個人的に他の著名人の方々よりも寂しさを感じています。

モハメド・アリとの異種格闘技戦が有名だと思います(今でこそ評価する意見が多くなりましたが、当時はネガティブな意見が大勢を占めていたと思います)。他に北朝鮮で興行をしたり、普通では考えられないことをした人だったと思います。
新日本プロレスの枠組みで見ても、総合格闘技の走りとなった高田延彦さんの団体の黒幕的に振る舞ったり、2000年頃も総合格闘技の選手を投入したり、橋本真也選手に小川直也選手をぶつけたり、色々はちゃめちゃでした。
そんな困難があって、のちに棚橋選手やオカダ・カズチカ選手が台頭し、新日本プロレスが人気になったので、猪木さんの影響は途轍もないなと素人ながらに感じています。ご冥福をお祈りしたいと思います。

うどんですかい

f:id:masimo:20220922024634j:image

先日購入した「うどんですかい」を頂きました。本商品はJALの機内カタログに必ず載っている商品で、いつかは食べてみたいと思っていました。海外の機内食でも提供されるそうですが、私はいただいたことがありませんでした。

お昼ご飯でチャーハンのお供としていただきました。

小さなお揚げと飛行機の絵柄が印字されたかまぼこがたくさん入っていました。麺はどん兵衛赤いきつねみたいな感じで食べやすかったです。お出しが昆布が効いていて優しい味でした。確かに海外便の機内食で提供されると嬉しく感じると思います。
量は少ないので、汁物の代わりとしてなら、アリだと思います。

茅ヶ崎ドライブ

昨日久しぶりに会う知人と茅ヶ崎の方へドライブへ行きました。当初はもう少し遠方へ行くつもりでしたが、台風が近づいていることもあり、近場で済ませることにしました。いくらか雨が強い時間帯がありましたが、風がそれほど強くないのが救いでした。

活飛

知人が新鮮な海鮮が食べたい、ということで茅ヶ崎へ行くことにしました。茅ヶ崎に評判の良さそうな海鮮丼を取り扱うお店がいくつかありましたが、「活飛」というお店へ伺うことにしました。
生憎の天気にもかかわらずお客さんがそれなりに入っており賑わっていました。また店員さんの対応も丁寧でよかったです。
私は当日のおすすめのお刺身が盛り付けられた地魚丼をいただきました。お刺身が新鮮でした。

お土産

隣の「北村水産」さんで干物を買って帰りました。当日早速カマスの干物をいただきました。冷凍されていない分新鮮でした。身が大きくて、ふっくらしていて美味しかったです。

このほか、海老名サービスエリアで有名な海老名メロンパンも買って帰りました。こちらも妻に好評でした。

SABA NOUVEAU

久々に外で食事した話題です。最近は涼しくなっていますが、今日のお昼は結構暑かったです。
昨日と今日は品川シーズンテラスでJALUX(JALグループの商社だそうです)主催でちょっとしたイベントが開催されていました。ノルウェー産の旬なサバを生の状態で(冷凍せずに)空輸した「サバヌーヴォー」を味わうイベントです。
https://www.shop.jal.co.jp/contents/shop/jalux/img/s/pdf/SABA_NOUVEAU_FES_2022.pdf?utm_source=220917&utm_medium=email&utm_campaign=regular&cid=mlh220917&sci_ch=48742

私はJALショッピングのメルマガを受信して、このイベントのことを知りました。時間もあったので足を運んでみました。
品川シーズンテラスは公園と隣接していて、子供やワンちゃんなどの家族連れで賑わっていました。会場はそれほど人が多くなく、個人的にちょうどいい感じでした。

私はラーメン好きということもあり、麺場VOYAGEさんのサバラーメンをいただきました。スープはあっさり気味ですが、塩味が若干強く感じました(もしかしたら夏場の野外なので意図的に濃くしたかもしれませんが)。麺やメンマは美味しかったですが、なんといっても鯖が抜群に美味しかったです。臭みがなく、ジューシーで、ラーメンともよくマッチしていました。鯖は馴染みのある食材だからこそ、違いを感じたかもしれません。本当に美味しかったです。

最後に余談ですが、メルマガ会員向けのプレゼントとして、機内食でも食べられているという「うどんですかい」をいただきました。今まで食べたことがないので、食べるのが楽しみです。

動物農場

ジョージ・オーウェルにより書かれた小説です。「1984年」読了後、こちらも有名な作品ということで購入して読んでみました。
共産主義というかスターリンによる独裁体制に対する辛辣な批判を描いた寓話です。ページ数が少ないのもありますが、非常に読みやすく、すぐに読み切りました。

スペイン内戦に参戦した頃から着想された物語らしいです。作者自身が元々社会主義者だったようですが、トロツキストが粛清される様を見て、スターリズムに対し、相当反感を覚えたようです。ただの独裁体制で、作者が理想とする社会主義体制とは遠いものでしたから。その憎しみがブタというキャラクターに現れています。

当時イギリスでスターリン独裁体制知れ渡ってなく、ソヴィエト政権に対する批判も多くなかったようです。その状況下で、世間の常識とは真逆の視点で描く物語を発行できたことはすごいなと思います。

以下、詳細なあらすじです。

続きを読む

中秋節2022

今晩はいわゆる十五夜でした。旧暦も用いられている中国や台湾では中秋節と呼ばれており、旧暦の8月15日に当たります。その夜ということで十五夜と呼ばれているようです。またその晩の月は満月なので、中秋の名月とも呼ばれているようです。

確かに今晩は満月が綺麗でした。こちらはiPhone12で撮影したものなので、それほど綺麗に撮影出来ませんでしたが。

8月下旬から晩の暑さがだいぶ落ち着いてきましたが、最近はさらに涼しく感じました。夜のジョギングも快適になりました。走っている時も満月が綺麗だなと感じましたが、走り終わった後ワンちゃんの散歩がてら、家族みんなでお月さんを見ました。その時に撮影したものになります。


妻が中秋の名月にちなんだ和菓子を買ってきてくれました。満月やウサギに因んだお菓子で可愛かったです。

また菊のお花も買ってきてくれて、秋を感じ始めています。
7-8月は暑すぎて落ち着いて季節を感じる余裕はありませんでしたが、このように季節感を大切にするのは、素晴らしいことだなと思います。そのような気遣いをしてくれる妻に感謝しています。