読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアカップFinal(日本VSオーストラリア)

日本代表チームが勝ちました!
前半はオーストラリアの高さに押されまくっていて、かつセカンドボールも拾われて、1、2点取られてもおかしくない展開でしたが、川島GKを中心によく守ってくれました。川島選手がPK以外で活躍する場面が多い試合は久々に見たので、オーストラリアはアジアという枠を越えた強さだなと敵ながら感心しました。
後半早々に岩政選手を投入しましたが、それが見事にはまりましたね。(既にいろんな人が指摘していることですが、)守備が安定しただけでなく、長友選手、岡崎選手の両サイドが攻撃に積極的に攻撃参加できるようになったのは大きかったですね。長友選手が前に出ることで相手の守備のバランスも崩れているように見えましたし。
延長もPKになるのかなと思っていましたが、最後長友選手のクロスから、李選手がボレーシュートをきれいに決めてくれました。テレビの解説者たちと同じようにはしゃぎましたが、同時に「なんでドフリーなの?」とも思っちゃいました。


アジアカップ全体を通して、一番すごいと思ったのはザッケロー二監督の手腕です。途中出場した選手が活躍するのもすごいですが、決勝戦の岩政選手の投入のように効果的な交代が多いように感じました。かつ若手中心のメンバでほぼ全ての選手を起用してモチベーションを維持させたのもさすがですね。
とにかくザック体制になってからサッカーを見るのがおもしろいです(初戦のヨルダン戦はかなりイマイチでしたけど…)。それは攻撃のヴァリエーションが豊富だからなのかなと思います。本田選手や香川選手のドリブル突破、サイドからの崩し、ボランチ(長谷部選手、遠藤選手)の攻撃参加など見ていて楽しいです。ただセンターバックについては不安定に感じるので、改善の余地がまだあると思います。