読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書について

読書について (光文社古典新訳文庫)

読書について (光文社古典新訳文庫)

ショーペンハウアーの『余録と補遺』から訳出したものらしいです

特に「自分の頭で考える」と「読書について」という2篇では、主体的に読書することを説いており、現代の人が読んでも有用だと思いました(あとがきを読めば、ショーペンハウアー氏がこのような考えになぜ至ったのか、ちょっとわかる気がします)。

読書するとは、自分でものを考えずに、代わりに他人に考えてもらうことだ。他人の心の運びをなぞっているだけだ。

議論の余地ある問題に権威ある説を引用して、躍起になって性急に決着をつけようとする人々は、自分の理解力や洞察の代わりに、他人のものを動員できるとなると、心底よろこぶ。