読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第152回 天皇賞・秋

  • 東京11R 芝2000m G1

ラブリーデイが先行抜け出しの形でG1 2勝目を収めました。
スタートはいつもどおり良かったですが、結構掛かっていました。道中は大丈夫かと思いました。それでも直線は残り300-400mで先頭に立ってからは力強く伸びました。
今年7戦目なのにかなりタフです。宝塚のときは強いとは思っていませんでしたが、前走の京都大賞典で本格化したなと思いました。ペースやコースに関係なく、力を出し切れるのは偉いと思います。少なくとも今日のメンバーとは勝負付けはついたかなという印象です。

2-4着には外から伸びたステファノス、イスラボニータ、ショウナンパンドラが入りました。2番人気のエイシンヒカリは9着に沈みました。逃げられなかったこともあり完全燃焼していないかもしれませんが、地力が足りない印象を持ちました。
6着のクラレントは意外でした。勝負にならないと思っていましたが、田辺騎手が強気に乗って、エイシンヒカリより上位に来ましたから。G2-3メンバーだと東京では力上位なんだなと思いました。