青森屋

以前の小牧温泉を星野リゾートが買収して、青森屋と装いを変えた旅館です。高校時代に小牧温泉に泊まったことがありますが、それ以来の訪問となりました。

実家から近くにあるのですが、両親へのプレゼントの意味を込めて、彼女と一緒に宿泊しました。

入り口ではポニーがお迎えしてくれて(可愛い)、チェックインの待ち時間にはりんごジュースのサービスがありました。リンゴジュースはジューシーで甘かったです。

f:id:masimo:20180923175910j:image


まず温泉に入りました。内湯はヒバが贅沢に使われて、いい香りでした。露天風呂も気持ちよかったです。夜は景色がよく見えませんでしが、朝は木々に囲まれている景色がよかったです。紅葉の時期など良いと思います。

また泉質もよく、肌がすべすべになりました。

 


そして夕食をいただきました。バイキングでしたが、郷土料理も含まれていてバラエティに富んでいて、味もよかったです。ホタテ貝焼きや天ぷらなど出来立てをいただけて、想像以上のクオリティで満足でした。せんべい汁は初めていただきましたが、お麩みたいな食感で食べやすかったです。

f:id:masimo:20180923175953j:image


夕食後は広場で民謡のショーを楽しみました。曲目は、津軽タント節、津軽じょんがら節独奏、津軽山唄、津軽よされ節と続き、その後スコップ三味線のパフォーマンスがありました。

スコップ三味線は栓抜きでスコップを叩きつつ、左手はエアギターのように見せるものらしいです。

三味線は飛び抜けるほど上手いわけではありませんでしたが、よく頑張っていたと思います。唄付けをこなしていた点は立派だと思います。50人以上の人に見られつつパフォーマンスをするのは大変だと思います。

自分としては知っている曲目なので、技術的なことに関心を持って聞きましたが、民謡に興味がない彼女も楽しんでくれていてよかったです。

最後はねぶた節で締めて、盛り上がったライブだと思います。

f:id:masimo:20180923180109j:image


外装は以前のままですが、内装はリフォームされ、サービスも立派でした。

f:id:masimo:20180923180327j:image
f:id:masimo:20180923180330j:image

決してお値打ちの宿ではありませんが、内容を考えると、リーズナブルだと思います。また機会があれば訪問したいです。

敷地が広大で回りきれなかったこともあり、また行けるといいなと思っています。