Toscana bus trip

この日は郊外のバスツアーに参加しました。HISから英語のツアーを申し込んだのですが、現地旅行会社(My Tour)主催のツアーに参加しました。英語のツアーにしたのは、日本語のよりも€20やすかったからです。
このツアーには様々な国の観光客が参加していました。またツアコンが新入りの若手でしたが、むしろeasyなEnglishで話していたので、内容の聞き取りが苦にならず、良かったです。

塔が建ち並ぶ、中世の面影を残した素敵な街でした。街角の一つ一つが絵になる街でした。
f:id:masimo:20180501112806j:plain
街の中心部にある教会に向かって坂道になっており、それに沿ってたくさんのお土産屋さんがありました。また世界一のジェラード職人がいるというジェラードは美味しかったです。
f:id:masimo:20180501102500j:plain

  • ワイナリー

そしてワイナリーでワイン試飲を兼ねて昼食をいただきました。
ここで凄かったのが、ワインの説明をしていたおじさんが、トータルで1時間近くワインについて語っていたのですが、プレゼンがこなれているなと思いました。視線が常に聴衆より上を向いてましたし、ボディランゲージを適度に使ってましたし。とはいえ空腹でしたので内心早く終わって欲しいなと思いながら、聞いてました。
そして昼食の一部がこちらです。ハムの盛り合わせですが、ワインと合ってました。ワインは有機栽培で、癖がなく飲みやすかったです。一番凄かったのは、ワインの量です。普通のティスティングなら一口、二口ですが、グラス1杯分盛られ、多いなと思いました。計3杯分飲んでしまいました。この内容で、€58はかなりお得だと思いました。
f:id:masimo:20180501125217j:plain

こちらは道中の風景です。起伏が豊かで、緑がいっぱいでした。ワインの試飲後は、そんな風景を見ながら寝てしまいました。。
f:id:masimo:20180501095523j:plain

そのあとは要塞都市のモンテリッジョーニに向かいました。この街の名前を初めて聞きましたが、某ゲームの舞台になった町みたいです。
f:id:masimo:20180501143832j:plain
こじんまりとした街で、20分もあればゆっくりでも回りきれると思いました。街全体が城壁に囲まれていて、面白い町でした。

最後に世界遺産シエナの街に行きました。中世ではフィレンツェと覇権を争ったようです。
ここでは専門のガイドさんに説明してもらったのですが、雨が強くて、集中して聞くことができず、惜しいことをしました。
街中の建物がシエンナと呼ばれる色が特徴だと聞いていましたが、雨だったこと、既に二つ煉瓦造りの街並みを見たので、それほど感動はなかったです。ただシティホールなどは他にはない特徴があったりしました。例えば、壁の上方に向かいの権力者の頭部の彫刻があったり。

そして写真で見たことがあるカンポ広場へ行きました。非常に開けており、中央の鐘塔はそこそこの高さがありました。この広場の面積は決して広くはないのですが、それでも馬のレースが行われるらしく、安全性の観点からちょっと恐いなと思いました。
f:id:masimo:20180501161416j:plain

最後に大聖堂に行きましたが、この大聖堂がこの旅行で言った教会の中でNo.1に良かったです。
内部の白黒の縞模様が独特で、美しかったです。
f:id:masimo:20180501165937j:plain
他に大理石の床に宗教画が掘られていたり、面白かったです。
f:id:masimo:20180501170419j:plain
彼女は結構疲れていましたが、この大聖堂はよかったと言ってました。また、この写真を送った友達からも、この教会はすごいなという感想をいただきました。ですので、フィレンツェへ行った際には、ぜひ訪問することをオススメします。

(updated on 11/May/2018)