読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けものフレンズ

この作品は冬のクールに放送されたアニメです。

あらすじは、『ヒト化した動物たちと出会った主人公が、みんなと仲良く超巨大動物園であるジャパリパークを楽しく巡る大冒険物語3Dアニメ』です。

放送開始当初はそれほど注目されていませんでした。3-4話あたりから話題になり始め、5話から視聴開始しました。開始当初は「すごーい」、「たのーしー」といったキャラのIQ低下を招く発言が話題になったこともあり、ほのぼのとした世界観を描くだけの作品かなと思っていました。
ただかわいいだけでなく、元の動物の特徴も描かれていたり、動物園の飼育員さんにインタビューしたり、動物アニメとしてよく取材されている点は感心しました。
とはいえ、1話を見たときは可もなく不可もなくレベルでした。低予算による3Dの雑さが気になるほどでした。

しかしながら、4話で人間の絶滅をにおわせる不穏な要素が出てきたあたりから、一味違うかもと感じ、楽しみになりました。ほのぼの要素と不穏な謎解き要素がいい塩梅でミックスされていたと思います。ストーリーが面白く感じると、最初感じた3Dの雑さはそれほど気にならなくなりました。

後半に向けて謎解き要素が徐々に解明され、ラストで絶体絶命のピンチになった主人公を、全キャラが救出する展開はとても熱かったです。ラストの2話(11-12話)はストーリに引き込まれました。所見の際は何とも思わなかった1話が伏線の塊である演出にも驚きました。
ラストはきれいに大円団で締めつつも、続きを予感させる終わり方で、文句のないエンディングだったと思います。

またOP/EDともにテーマソングがよく、どちらも歌詞がすばらしいですし、OPはオーシイマサヨシさん作曲のキャッチーな楽曲で楽しめました。
声優さんの演技もアドリブが効果的で、キャラの魅力を引き出しており、全スタッフのがんばりが見事にかみあって、すばらしい作品になったと思います。

 

この作品は色々逆境があったのです(マルチメディア展開でありながらアニメ放送前にアプリやコミックが終了してしまう、大人の事情でアプリ版から声優がほぼ全取っ替えされるなど)が、それを乗り越えて人気にさせたスタッフの手腕は本当にすごいと思います。特に声優変更をうまく利用した演出はすごかったと思います。

少ない予算にも関わらず、最高のエンターテインメントを提供してくれたスタッフの方々にただただ感謝です。

 

(updated on 04/Apr/2017