読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダウンコートの破れ修理

f:id:masimo:20170518112423j:image

今年の年始に購入した、このダウンコートはなかなかのお気に入りでした。しかし、2月頃段差の激しい道を歩いた際に盛大にコケてしまい、左肘のところに1.5cm程度の穴を開けてしまいました。

冬の間はそのまま使い続けていました(特に不自由はありませんでした)。ですが、衣替え前に修理した方が良いと思い、会社近くの洋服直し屋さんに見積もりを出しました。期間は2-3週間で、元の傷がわからないように修理していただいて満足でした。値段は少々高め(¥6000程度)でしたが、従業員割引で10%引きになったのでよかったです。結構気に入っており、長く大切に使いたいので、納得しています。

B型インフルエンザ

今週会社でB型インフルエンザが大流行しています。同じフロアに15人も発症してびっくりしました。しかもインフルエンザが流行していないこの時期に蔓延するとは思いませんでした。

私は先週ほぼ客先に出ていて自社にいなかったため、インフルエンザにかからずにすみました、多分。熱(他のインフルより低めの37.5度くらいらしい)含めて体調不良の兆しはありませんでした。

39度を超える熱になることが稀にありましたが、それでもインフル検査はいつも陰性でしたので。

それで昨日は会社に近づいてはいけないということで、在宅勤務しました。仕事に取り掛かると案外集中できた気がします。

COMCHA FES 2017

日比谷公園の野外音楽堂で開催されたCOMCHAフェスに行ってきました。文化放送こむちゃっとカウントダウンという番組主催のアニソン、声優さんのフェスです。この番組のリスナーで、先行抽選に当たったので行ってきました。
立ち見含めて3000人ほどのキャパの会場ですが、満員でした。後方の席でしたが、席の間隔が狭いためか、ステージまで近いと感じました。
私は開演直前に到着しましたのですが、開場〜開演の間に和島あみさんという方がパフォーマンスされていたようで、その音が外部にも結構漏れていました(内心もう始まったの?と焦りました)。この辺りは官公庁、オフィス街で住民がほぼいなくて、日曜で働いている人が少ないから、都心でもこのような野外ライブができるんだなと感じました。とはいえ若干数ライトが点灯しているオフィスがあり、騒がしい中業務を遂行されて、お疲れ様ですと思いました。

出演者はGARNiDELiAさん、水瀬いのりさん、鈴村健一さん、May’nさん、下野紘さん、メインパーソナリティー(櫻井孝宏さん、井口裕香さん)の順で登場されました。
特に鈴村さんとMay’nさんが盛り上がりました。鈴村さんはコールしやすい曲を選曲していただき、みんなで声を出して気持ちよかったです。May’nさんは全力で盛り上がる曲で会場全体の熱気がすごかったです。そして、キャラソン含めてCDをほとんど出さない櫻井さんの歌声が良くて、そこが一番びっくりしました。
夕方から始まったのですが、暗くなるにつれて、ペンライトの光が映えるようになり、終盤のペンライトで包まれた会場は綺麗でした。

約3時間ほどのライブでしたが、ほどよい長さで満足でした。特にこの時期の野外は熱すぎず、寒すぎず、適温で快適でした。時折風が吹いていましたが、心地よかったです。詳しくは知らない曲目が多かったですが、フェスだと盛り上がる曲を選曲してくれる方が多く、楽しみやすい点もかなり良かったです。野外で思いっきり声を出して、ストレスを発散できたのが、何よりよかったです。

(updated on 18/May/2017)

スワンナプーム国際空港

トランジットで4時間ほど過ごしたバンコクスワンナプーム国際空港の感想でも書こうと思います。
敷地がかなり広く、出国審査をパスした後のレストラン、ショップのエリアも広かったです。ショップをちょいちょい見学しながら端から端まで歩くと1時間たつほどでした。一般的なDuty freeショップは両サイド含めて複数個所ありますが、品揃えはほぼ同じ印象でした。それに対してブランドショップは中央部に位置しています。結局バーツの金銭感覚について準備していなかったので、結局何も買い物はしませんでした。免税店のお買い物にはあこがれるんですけど。。
ただレストラン、カフェは複数出店しているところは少ないので、お目当ての店がGateから離れている場合は移動時間に注意すべきだと思います。
シェリムアップと比較すると、お店や店員はかなり洗練されていて、かなり都会だなと思いました。女性の店員はきれいな方が多いなと思いました。今度、バンコクに遊びに行きたいなと思ってしまいました。

また無料WIFIが2時間限定とはいえ使える点もありがたいです。動画もスムーズに閲覧できました。こちらに感想を書いた天皇賞などの結果はこの空港で確認しました。

せっかくタイに来たので、トムヤムラーメンを頂きました。10年間以上前にレトルトのトムヤムクンのスープを飲んで腹を壊してから、避けていました。食べてみると、辛さはそれほどでもなく、むしろ酸味が強いくらいでした。
f:id:masimo:20170503205043j:plain
誤解をおそれずに言うならばスープの味は酸辣湯麺に近かったです。それにパクチーなどの香草の風味が加わった印象です。最近はパクチーに対する苦手意識が消えたので、美味しくいただきました。

その後は飛行機に搭乗して、午前6時に羽田に到着しました。機内で仮眠を取ったとはいえ、眠気がありましたので、帰宅後お昼まで寝てました。

(updated on 18/May/2017)

カンボジア旅行(サンライズ@アンコールワット、シェリムアップ市街)

最終日の朝はアンコールワットサンライズを見に行きました。前々日のツアーで鑑賞ポイントを聞いていたので、ホテルでトゥクトゥクだけ予約して一人で向かいました。夜明け前に出発したのですが、ボロブドゥールの時と違って星があまり見えず残念でした。
5時20分頃に写真スポットに到着したのですが、池の周辺には結構人がいました。日が昇るまで30分ほど、ブログの下書きを書いたりして時間を潰しました。

f:id:masimo:20170503061646j:plain
6時ごろから太陽が昇ったのですが、太陽が森の方からじわじわ昇ったので、気が付いたら朝日が出ていた感じでした。逆光ぎみになるので、当日はあんまりいいショットが取れなかったなと思っていました。ただ後で振り返ると、それなりにきれいに撮影できておりよかったです。また、アンコールワットが池に逆さに映っているのがわかると思いますが、その景色は壮大でした。
とはいえ個人的には富士山のご来光やボロブドゥールのサンライズのほうが感激しました。アンコールもきれいなのですが、人があまりに多かったので、余韻に浸れなかった点でもったいないと感じました。
その後は20分くらい遺跡の中を散策して、ホテルに戻りました。

チェックアウトまでは出掛けずにホテルのプールや部屋の中でまったり過ごしました。せっかくの休みですから、このような過ごし方もありだと思いました。むしろ下手に出かけると体力の消耗が激しいという問題があるからなのですが。日本人は一日中観光地巡りをしがちなのですが、欧米の方は半分観光、半分リゾートで過ごす方が多い印象です。


ここでホテルの感想を書きます。宿泊したのは、Palm Village Resort & Spaというホテルです。市街地から離れているため、日本語のガイドには掲載されていないと思います。英会話の先生がおすすめしていて、値段も比較的お手ごろで、ホテルの口コミ評価も結構よかったので、このホテルを選びました。
f:id:masimo:20170501065333j:plain
f:id:masimo:20170501065452j:plain
部屋はコテージタイプで、必要最低限の設備があり、衛生面等で問題はありませんでした。スタッフは一応英語が通じますので、コミュニケーションは問題なくできました。また、ご飯も満足でした。朝食は無料ですし、夕食も普通のホテルより安い値段で提供してくれるので財布に優しいですし、味も普通においしかったです。
ただ街の中心部から離れているので、歩きで出歩けない点が不便な点でした。とはいえ、トゥクトゥクをチャーターすれば、移動の問題は大きなDisadvantageにはならないと思います。


そして昼はシェリムアップ市街へでかけました。
f:id:masimo:20170503120645j:plain
暑さのせいかメインのPUB StreetやOld Marketあたりの人出はそんなに多くありませんでした。人の密度が少ないので、スリの気配も少なかったです。最低限の警戒をしていれば、危ない目に遭う可能性は低いとおもいます。その点だと海外旅行の不慣れの方でも楽しめる気がします。トゥクトゥクの運ちゃんがそれなりに待機しているのですが、全くしつこくないのでストレスに感じませんでした。
マーケットを軽く周りましたが、特に目ぼしい品がなかったので、買い物をせずに、有名な「Soup Dragon」でお昼を頂きました。
f:id:masimo:20170503124301j:plain
街の中心部のレストランでこのボリュームで$10程度でしたので、物価は安いなと思いました。ご飯とwatermelon juiceは美味しかったです。生春巻きは香草の風味が強く、苦手でした。
その後、トゥクトゥクで空港まで送迎してもらいました。

(updated on 18/May/2017)

カンボジア旅行(プノン・クーレン、バンテアイ・スレイ)

3日目は午前中にクノン・プーレンに行き、午後はバンテ・アイスレイを観光するコースでした。このツアーを申し込んだのが私一人でしたが、大きめのバンで向かいました。
市街地からふもとの入口まで大体70分程度かかりました。そこから山頂近くの遺跡スポットまで車で登りました。道は舗装されていないため、ガタガタしました。途中エンジンが止まりそうな気配もしましたが、とりあえず遺跡スポットまでたどり着きました。

お寺には巨大な仏像が鎮座されていました。
f:id:masimo:20170502101913j:plain
この周辺は岩場なのですが、その岩で作られたそうです。横になっているのですが、涅槃像ではないらしいです。

そして近くの滝を見に行きました。乾季と雨季の狭間で水量が不安でしたが、十分水量があって観光する分には良かったです。この下流では欧米系の観光客が水浴びして楽しんでいました。
f:id:masimo:20170502112129j:plain

個人的には山でハイキングするのを楽しみにしていましたが、大体車で移動したので、その点は期待外れでした(とはいえ暑さを考えたら大して移動できない気もします)。
山頂は凄く不便ですが、お坊さんだけでなく一般の人も住んでいました。とはいえルートを外れたジャングルの中には地雷が残っているらしく、内戦の影響が残っているんだなと感じました。

そして下山のタイミングでトラブルが発生しました。車がエンストしてしまったのです。登山時の調子の悪さから予感はあったのですが、やはりショックでした。慌ててもしょうがないので、ガイドさんの対応に任せました。本部との連絡が不十分な気配も感じましたが、たまたま山頂にガイドの親戚がすんでおり、彼の車で市街まで連れて行ってもらいました。彼の車は4WDでしたが、かなりパワフルで悪路にも関わらず、軽快に下山していきました。
結論としては、移動時間も料金もかかりますから、よほどの興味がなければ他のスポットを回った方がいいように思いました。むしろ会社の後輩に勧められたベンメリアに行ったほうがよかったかもしれません。


その後バンテアイ・スレイ遺跡を見学しました。30分程度で回れる敷地面積が比較的狭い遺跡でしたが、かなり見ごたえがありました。
名前が「女の砦」を意味するようですが、そのとおりにレリーフや彫刻が他の遺跡とは段違いに繊細なのが特徴です。
f:id:masimo:20170502135925j:plain
土から掘り出された状態で保存されていて、アンコールワットと違って、復元された感じが少ない点もすごかったです。一番の見どころは「東洋のモナリザ」と言われる彫刻です。
f:id:masimo:20170502135811j:plain
離れた場所にあるせいか訪問客が少なく、じっくり見て回ることができ、よかったです。こちらの遺跡は満足度は高かったです。

(updated on 18/May/2017)

カンボジア旅行(アンコール・トム、アンコールワット他)

この日は日本で予約した個人ツアーでアンコール・トムとアンコール・ワット観光に行きました。
旅行ガイドブックに載っている会社に頼みましたが、この日のガイドは良かったです(この会社は日本語教育が厳しく、アンケート結果が評定に直結するなど厳しい雰囲気を感じました)。
朝8時に出発し、最初に3daysのチケットを購入しました。$62とガイドブックに掲載されていた値よりも値上がりして、予想外のことにビビりました。。ギリギリしか持参していなかったため、所持金の半分以上使ってしまいました。


最初にタ・プロムに向かいました。巨木の根が遺跡に絡まっている姿は圧巻でした。要所要所で復元されているのですが、廃墟の雰囲気が残っている点は素晴らしかったです。
f:id:masimo:20170501034018j:plain


その後にアンコール・トムに向かいました。9時を過ぎると日射しがかなり強く、日向にいるだけでかなり発汗して体力を消耗しました。まずはライ王のテラスや象のテラスなどをみました。この周辺の壁にはガルーダなどのレリーフが掘られていました。こちらは象のテラスです。なかなかの大きさでした。

f:id:masimo:20170501093407j:plain

王宮を見た後は、中心寺院であるバイヨンを見学しました。多数の四面仏像があり、かなりの迫力でした。個人的に結構満足しました。
f:id:masimo:20170501052540j:plain

ジョグジャカルタの時とは違って日本人観光客はチラホラいました。大体が私のように少人数のツアーでした。それに対して中韓系は団体ツアーが多く、鬱陶しかったです。


お昼は「Amazon Angkor」というレストランでランチをいただきました。この界隈では高級レストランということもあるでしょうが、とても満足でした。
ココナッツカレー、アモック、空芯菜の炒め物、スイカジュースと食べたかったクメール料理を一通り食べられて満足でした。アモックはイエローカレーに近い味でレモングラスが効いていて美味しかったです。空芯菜の炒め物は安定して旨く、スイカジュースはスイカを食べてる感じで美味しかったです。
f:id:masimo:20170501113618j:plain
デザートのかぼちゃのケーキは、さつまいも並の甘さでした。
f:id:masimo:20170501120428j:plain


午後は日本人夫婦と一緒にアンコール・ワットに行きました。13時半に到着しましたが、観光客はそれほど多くはありませんでした。ただ日陰が少なく、蒸風呂サウナ状態でした。汗が止まりませんでした。西門から入場して建物が見えた時は感激しました。これくらいからの距離で見るのが一番綺麗だったような気がします。
f:id:masimo:20170501135427j:plain
西参道の塔門には内戦時の弾頭の跡が残っていたり、仏像の頭が取られていたり、荒らされており、だからこそこれからは大事に保持してほしいなと思いました。そして第一回廊にいき、マハーバーラタなどの物語が彫られたレリーフを鑑賞しました。
第二回廊は特にめぼしいものはないためスルーして、第三回廊へ向かいました。早めの時間に到着したため、ほとんど並ぶことなく入場できました。生活用に設計されていないため、階段が急でした。中央祠堂の仏像や彫刻は綺麗に保持されていました。
建物の上から周辺を眺めると周りはジャングルの森だけで、本当にジャングルの中に突然現れた遺跡なんだなと感じました。


その後はブノンバケンに登頂しました。300人制限があるため、早めに登頂し、日没まで1時間ほど待ちました。富士山の御来光を待っている気分に近かったです。
しかしながら西方向に分厚い雲がかかっており、夕日を満足に見られませんでした。。昨日飛行機夕日を満喫ましたし、自然が相手なので、仕方がないと割り切れました。
f:id:masimo:20170501174231j:plain

その後、アプサラダンスショーを見ながらビュッフェ形式のディナーを頂きました。当初予約していなかったのですが、ガイドさんから$12(ドリンク代は別)でOKと言われて、同行していた方にも勧められて行くことにしました。
ご飯は普通に美味しかったですし、ショー込みで考えると値段もreasonableだと感じました。踊りは5-6人単位で踊っていましたが、全員が同じ動きだったので面白みに欠けました。とはいえ音楽込みで雰囲気を味わう分にはアリだと思います。
f:id:masimo:20170501195455j:plain

(updated on 19/May/2017)

カンボジア旅行(出国〜入国)

今日から連休を利用して、カンボジアへ行っています。アンコールワット観光が目的なのですが、最寄りのシェリムアップ国際空港までの直行便がないため、バンコクスワンナプーム空港経由で向かいました。


羽田発の飛行機では特にトラブルなく過ごしました。スワンナプーム空港はかなり広く、transferのために結構歩きました。国際線の乗り継ぎは、人生2度目(前回は12年前で勝手を忘れてました)で少し不安でしたが、係員にパスポートとFlight ticket を見せ、safety check を受けて、無事に通過しました。
スワンナプーム空港はとてもきれいでした(インドネシアスカルノ・ハッタ国際空港のインパクトが強すぎて、東南アジアにきれいな空港があることに驚きました)。冷房が弱めで蒸し暑かったですが、決して不快ではなく、台湾や香港のようにガンガン冷房を効かせているよりかは健全だと思いました。

f:id:masimo:20170501095129j:image

次の便の発車時刻まで1時間半以上あったので、1時間ほどネットサーフィンをしていました30分前にGateに向かったら、最終手続き中のアラートが出ていて、ビビりました。Gateから飛行機までバスで移動する必要があり、大多数の客は既に出発していたようです。発車時刻まで20分以上時間があったとはいえ、言葉が通じないバスの運転手と二人っきりで待つシツチュエーションは不安になりました。結果的に定刻通りに出発できたので問題なかったと思います。


シェリムアップまでの飛行機が国際線なのにも関わらず、プロペラ機でびっくりしました。機内はアジア系は少なくて、欧米系が過半数だったと思います。

f:id:masimo:20170501095152j:image

ジェット機と違って、離陸は緩やかでしたが、耳鳴りが酷かったです。
タイの空港周辺は水田ばかりでした。安定してから、たった1時間のフライトなのに機内食が提供されました。軽食を予想していましたが、意外にガッツリメニューで、これまた驚きました。どのメニューも想定内の味で、そこそこ美味しかったです。
ちょうど日没の時間と被っており、日没の写真を撮りました。

f:id:masimo:20170501095214j:image

シェリムアップ周辺は真っ暗で、田舎だなと感じました。

 

空港には中国、韓国、台湾などのアジア系の観光客がたくさんいました。入国審査は全く問題ありませんでした。ただ審査官の対応が非常にゆったりしていて(一人あたり2-3分)、人数が多くない割には30分くらい待ちました。。日本人は少なかったです。おかげでホテルの送迎の運ちゃんをかなり待たせてしまいました。
ホテルまでは車ではなく、トゥクトゥクで送迎してもらいました。最初は恐る恐るでしたが、予想と違い安全運転で良かったです。夜間だと暑くなく、風が気持ち良いほどでした。ただ街灯がほぼなく、夜道を歩くのは危険だと思いました。この後はホテルにチェックインして、部屋で過ごしました。ホテルのことは後日書こうと思います。

クイーンエリザベス2世カップ(2017年)

  • 沙田 芝2000m G1

香港のG1でも名手の腕が冴え渡りましたね。
香港No1ジョッキーが騎乗したネオリアリズムがG1初制覇しました。
ネオリアリズムはスタートから超スローペースの中(1000m通過が1分7秒台)かかっていて、中段に待機していましたが、モレイラ騎手が残り1000m地点で先頭に立ちました。直線切れる脚がない同馬が勝つためにはベストの騎乗だったと思います。初騎乗なのに思い切った騎乗をして勝ち切ったモレイラ騎手は凄いと思います。
残り200m時点で後方がそれほど伸びなかったので勝つかもと思いましたが、最後中段から伸びてきたパキスタンスターに迫られたものの、凌ぎきりました。去年の勝ち馬のワーザーは3着でした。

 

この馬自体G2は2勝していましたが、いずれも相手は強かった(札幌記念でモーリスを破り、中山記念リアルスティールやヴィヴロスなどを破っていた)ので、思ったよりも力をつけているなと感じました。ネオリアリズムにとっては、同型のキタサンブラックがいる大阪杯よりもやり易かったかもしれません。


(updated on 03/May/2017)

第155回 天皇賞・春

  • 京都11R 芝3200m G1

戦前からキタサンブラックサトノダイヤモンドの一騎打ちと見られていましたが、キタサンブラックレコードタイムで連覇を果たしました。
キタサンブラックは今日も好スタートで、スムーズに番手を確保しました。今日はサトノダイヤモンド対策で、先行しないかもと思ってましたが、武豊騎手は自分の競馬をすることに徹していて、それが結果的に勝ちに繋がったと思います。毎度のことですが、スタートの旨さは抜群ですね。それに対してサトノダイヤモンドは中団後方待機でした。
道中はヤマカツライデンが超ハイペース(1000m58秒台)で逃げて、キタサンブラックは二番手追走でした(いつものことながら実質単騎逃げの形でした)。
4コーナーでヤマカツライデンがバテてきたところで、キタサンブラック馬なりで先頭に立ったところは人馬ともに格好良かったです。直線に入って鞭が入り伸びて、ゴール前も他馬を寄せ付けずに、2着に1 1/4馬身差をつけて完勝しました。

 

サトノダイヤモンドは道中はやや外を回る形だったとはいえ、自分でレースの流れを変えられず、阪神大賞典で先着したシュバルグランに負けてしまい、無条件で古馬No1といえる存在でないなと思いました。決して弱くはないのですが、期待値が高かっただけに案外という感想です。勝ち馬と比べると、4歳なのに去年の冬からあまり成長を感じないような。。この馬に限らず、一度完成したディープインパクト産駒は成長が乏しくて、ピーク期間も持続しない印象なので秋が不安です。また斤量58kgに堪えきれなかったようにも見えるので、さらに斤量が重くなる凱旋門賞が不安です。
それに対して2着のシュヴァルグランは福永騎手の好騎乗もあり、善戦しました。前走の阪神大賞典サトノダイヤモンドとの勝負付けは済んだと思っていましたが、積極的なレース展開で逆転しましたね。ゴール前は伸びていましたがましたが、勝ち馬が一枚上手でした。
3番人気のシャケトラは出遅れから無理やり先行するというチグハグな展開。人馬ともに今後の成長に期待したいです。

 

タイムはディープインパクトのタイムを0.9秒更新するレコードのおまけ付き。破られないだろうと言われていたディープのタイムを武豊騎手で、しかもその兄の産駒が更新したことにドラマを感じます。今まで内容は強くともタイムでケチをつけられることもあった勝ち馬ですが、それを払拭する結果となり、ファンとしては嬉しいです。
天皇賞・春の一番人気は勝てない、というジンクスを破ったわけですが、過去の一番人気の勝ち馬を見たら、ディープインパクトテイエムオペラオースペシャルウィークメジロマックイーンシンボリルドルフなど超名馬ばかりで、このレベルの名馬たちの実績に並んだと思います。
大阪杯天皇賞・春と連勝し、去年よりもスケールアップして驚きました。陣営は去年の春から「今年本格化する」と言ってましたが、それを有言実行するとは思いませでした。
とはいえ反動が怖いです。古馬との勝負付けは済んだし、馬場コンディションが悪くなりがちな宝塚記念をスキップして、凱旋門賞挑戦に専念してほしいなと思います。とにかく無事でいてほしいです。

 

(updated on 03/May/2017)