2018FIFA ワールドカップ Russia その2

  • F組予選:ドイツ vs メキシコ

個人的には何だかんだドイツが勝つかなと思ってましたが、メキシコが素晴らしいサッカーを見せてくれました。メキシコは堅守速攻のカウンターサッカーでしたが、守備が本当に固く、カウンターが鋭く、精度も高かったです。
ドイツの方がポゼッションで上回っており、右サイドのキミッヒ以外起点がなく(むしろキミッヒに持たされていた感がありました)、ドイツらしくない強引な攻撃が目につきました。
いくつかボールポスト直撃のシュートがありましたが、メキシコの守備を完全に崩すシーンはなかったと思います。また低レベルなパスミスも目につき、嫌な予感はしました。

それに対し、メキシコは前半20分過ぎあたりからカウンターがはまり出し、メサノのゴールは素晴らしかったです。
メキシコの運動量は素晴らしく、攻撃陣は最後まで体力が衰えてなかったように見えました。確かに終盤はシュートが雑と言いますか、精度は落ちましたが、運動量が露骨に落ちることはなかったと思います。
ネットの書き込みを見ると、よく日本代表は体格が近いメキシコ代表を見なうべき、という意見がありますが、個人的にはfitしないと思っています。というのも、今の日本サッカー協会が運動量、スピードがない選手が中心視していて、スピードよりもパスを重視する志向という真逆の方向だからです。

意外なことにメキシコがW杯でドイツに勝ったのは初めてだったようです。
メキシコはこの一番を重要視していて(今まで勝ててなかったので意気込みが違っていたのでしょう)、ドイツは決勝含めた7試合を視野に入れていて、その中の1試合という意気込みの違いがあったようにも感じています。
いずれにせよ、メキシコチームのサッカーは素晴らしかったです。

  • H組予選:コロンビア vs 日本

コロンビアが開始早々で退場してしまい、数的優位で進めていた日本が勝ちましたね。
コロンビアは守備も攻撃も雑で、助けられた点が多かったようにも見えます。特にPKを献上した際の守備は酷すぎました。日本の守備は最近の出来からの変わり目は感じませんでしたが、相手がひどすぎたと思います。コロンビアは、あの出来だと決勝トーナメント進出できるようには見えません。。
本田さんや香川さんは流れの中で、イマイチだったように感じました。大迫選手が攻守に渡って頑張っていたと思います。大迫選手の1トップの形はハリルさんの時代から成熟して、その形が生かされた点はよかったと思いたいです。

大阪北部地震

今朝8時過ぎに大阪の北部(高槻あたり?)で大地震がありました。大阪で震度6弱というのは記憶にないので、速報を聞いた時点で安否が心配になりました。
私の知人は幸い無事だったようで安心しました。今はFacebookで安否が確認できる機能がついていて便利な時代です。震源地の近くに住んでいた豊中市に住んでいた友達は無事でよかったです。ただ20分ほど停電したみたいで、大変だったと思います。

週末は千葉周辺で地震が多かったので、関東がヤバイのかなと思っていましたが、大阪の地震には予想外で驚きました。
今の所、初震を超える余震がないみたいですが、現地の方々は無理せず過ごして欲しいなと思います。。

2018FIFA ワールドカップ Russia その1

先週末からサッカーワールドカップが始まりました。
最近サッカーを見てなかったですが、やはり面白いです。開幕戦はサウジの弱さにしらけましたが、好試合が多いです。
大注目のスペイン vs ポルトガルは見逃しましたのは残念でしたが(C.ロナウドが凄すぎます)。。

たまたま金曜の夜に見ました。組み合わせだけを見たら凡戦かなと思ってました(サウジの惨状を見た後だと尚更)が、そんなことはありませんでした。
ロッコはアフリカのチームですが、個人技頼みではなく、ポゼッションサッカーで面白く、それに対しイランが耐えに耐えるという展開で、時折見せるカウンターが光ってました。最後はモロッコのOwnm Goalでイランが勝ちましたが、両チームとも全力を出せたのかなと思います。
見ていて、いい気持ちになりました。

前評判ではアルゼンチンが優勢だったと思います。ただ個人的にはヨーロッパ予選1位通過した実績から善戦すると思っていました。実際は、想像以上にアイスランドがナイスファイトしていました。
終始アルゼンチンがボールを回していて、アグエロが先制点を取った時には、一方的なゲームになるのかなと思いました。

ところがその後すぐにアイスランドが流れの中で追いついた時には、「おっ」と思いました。そして後半にアルゼンチンがPKのチャンスを得た時には、アイスランド万事休すかと思いましたが、GKがメッシのシュートを止めた時にはびっくりしました。
守備がGKを中心に非常に献身的で、アルゼンチンの攻撃を止めました。特にGKはスーパーセーブ連発で凄かったです。
アルゼンチンはメッシ中心の攻撃で迫力はあるのですが、単調というか工夫がないようにも感じました。。それでもトップチームに小国が引き分けるというのは凄いことですし、これぞワールドカップという感じでした。

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive!

今日メットライフドームで開催されたライブに行ってきました。

到着した時は雨がそれなりに降っていましたが、屋根もなく、通路の誘導もわかりにくく、少し濡れました。会場の中もグラウンドと客席だけ屋根が被さっているだけで、屋台近くの通路だと雨が降って来るところもありました。。男女比は男性の方が圧倒的に多かったですが、女性の方もちらほら見かけました。

ブログラムは二期のOPの「未来の僕らは知ってるよ」から始まり、二期の楽曲が序盤から組み込まれました。1年近く前にテレビで聞いた楽曲群でしたが、案外覚えているもんだなと思いました。序盤でデビュー曲の「君のこころは輝いているかい」が演奏されてびっくりしました。掛け声が入れやすく、盛り上がりました。
挿入歌は盛り上がる曲が多かったです。特に「Miracle wave」とSaint Aqours snowの「Awake the Power」は良かったです。どちらも盛り上がりやすい曲ではありますが、前者は高海千歌役の伊波さんのバック転のパフォーマンスが凄かったです。相当努力されたと思いますし、演奏後の観客の拍手が暖かくて良かったと思います。後者はSaint snowはラップが入ったクールな感じで面白かったです。

今回は二期曲、ソロ曲がメインでしたが、それ以外では3rdシングルのカップリングの「sky journey」が好きだったので演奏されて嬉しかったです(このあたりのチョイスは大阪、福岡で変わりそうな気がします)それから2ndシングルの「恋になりたいaquarium」は前々回のライブの際は印象に残らなかったのですが、今回は掛け声をかけようと思ったためか楽しめました。

座席は最後方の立ち見席でした。椅子もなく、ステージが遠く、微妙な場所でしたが、映画館のライブシアターより楽しめたと思います。今回はトロッコの出番が少なくて、演者さんが遠く感じました。終盤は着替えの度に一曲しか演奏されなかったので、声優さんの体力的に厳しかったのかなと思いました。
今日は暑さを覚悟していたため軽装でした。しかし、気温が低く、風が入ってきたので、たくさん動いても汗をかきませんでした。

アンコールや最後のあいさつを含めると3時間半を超えていたので、ボリュームがたっぷりだなと思いました。

Aqoursの楽曲をそんなに知らなくても、十分に楽しめました。前々回のライブよりも声優さんがステージに慣れて、パフォーマンスが向上したのはあると思います。声優さんを始めとしたライブの準備してくれた方々に感謝です。

ベルモントS(2018年)

今年デビューしたJustifyが無敗でアメリカ三冠を制しました。無敗の三冠馬シアトルスルー以来で、伝説級の記録だと思います。2年前にアメリカンファラオが三冠を取った時には、しばらくアメリカ三冠馬は出てこないだろうなと思ったのですが、その予想を裏切る記録に驚くばかりです。

相手関係の問題はありますが、短期間の三冠を戦い抜くのは相当大変だと思います。勝ちを重ねるほど周りからのプレッシャーも激しくなるから尚更だと思います。

 

レースは逃げて終始先頭を譲らず、直線も危なげなく逃げ切りました。終始他馬を寄せ付けず、アメリカ馬らしい強さを見せつけました。勝負根性も素晴らしいかったです。

 

血統的には父父がヨハネスブルクなのに2400mがもつので大したものです。母父はゴーストザッパーですが、父としてはイマイチですが、母系の方が良さが出るかもしれません。

お稽古、ジョギング

今日は久しぶりに特にイベントのない休日でした。とはいえ、朝から洗濯したり、英語の課題をこなしたり、昼からは津軽三味線のお稽古に行ったり、充実していました。

三味線のお稽古では、最近は津軽じょんがら節の独奏の練習をしています。一人で演奏するに当たり、音合わせや掻き回しなど(合奏の時以上に)注意されています。音合わせはある程度のところで妥協しがちなのですが、触りの調整をするだけで音の広がりが全然違います。それから座っている時と、構えている時で触りのポジションが微妙に違うので、曲弾き前の調整が大切だなと思いました。
曲弾きはスピードを優先しがちですが、そうするとメリハリやタメがなくなり、単調になって、ただなぞっているだけになるので、そんなに高速でなくても、しっかり弾くのが大事だと思いました。それから掻き回しで走りますが、その後テンポを落ち着かせるのも大事だと思いました。

夜はジョギングしました。先週大会に出たので、それに近いペースでツッコミ気味に走りました。それでもkmあたり5:10-5:20程度でしたが、いい汗をかくことができました。その夜は熟睡できました。

第17回 グリーンチャリティーリレーマラソン in 夢の島

6人以下の一組で所定の時間リレーで走った距離を競うイベントに参加しました。部門としては、4時間、6時間、12時間、24時間があります。
最近会社のランニングクラブに参加しまして、クラブで申し込んだものでした。クラブとして最初の大会ということで、4時間の部門にエントリーしました。私自身はクラブ活動に初めて参加したので、初めてお会いする方が多かったです。

夢の島競技場に8時前に集合して、9時〜13時の間走りました。我々のように企業のクラブで参加している人が多かったです。女性の参加者も多かったです。
f:id:masimo:20180603095013j:plain
1周1.3km程度ですが、それを1人1周ずつバトンする形で走りました。最近あまり走っていないですが、距離が短いのと周りにランナーがいたので、それなりにスピードが出ました。1kmあたり4分台で走れました。日差しが強かったですが、給水が十分にあったのと、距離が短いので、そんなには苦には感じませんでした。私は6周(7.7km程度)走りましたが、いい感じで疲れました。
チームとしても46.25km走れて、55位だったのでよかったと思います。一人だと4時間未満でフルマラソン走れませんからね。

初めて団体の大会に参加しましたが、面白かったです。

そのあとは月島のもんじゃ屋さんで打ち上げしました(新木場周辺は飲食店が乏しいという理由もあり)。食べログなどの評価が良さげな店でしたが、美味しかったです。一人で食べるのよりも、4人くらいで分けるのがいいですね。
f:id:masimo:20180603150131j:plain

第85回 日本ダービー

  • 東京10R 芝2400m G1

スローペースで逃げ粘る皐月賞馬エポガドーロを、先行したワグネリアンが差し切りました。

 

レースが始まるまでは、鞍上の福永騎手がこんな思いきった騎乗をするとは思っていませんでした。G1では煮え切らない騎乗が多かったですが、今回は別人のようで、完璧な手綱さばきでした。直線の追い出しもエポガドーロを待ってから仕掛けているように見えました。結果的にゴール時に半馬身差をつけることができました。

今回不利とされる外枠だったが故に福永騎手も思い切った騎乗ができたと言っていました。もともと高い素質を持っている方だと思いますので、今後このような思い切った騎乗を増やしてほしいと思います。

そんなに思い入れのある騎手ではありませんが、ダービー初出走時のキングヘイローや父親の洋一騎手のことを考えたら、今回は福永騎手でよかったのかなと思います。またエピファネイアリアルスティールなどで惜敗した過去のことが糧になっているように感じました。今回の騎乗ぶりも含めて、素直に祝福したいと思います。

 

皐月賞馬のエポガドーロも力のあるところを見せました。前走がピークという噂もありましたが、最後までよく粘っていたと思います。逃げの形になりましたが、これより遅いペースで番手に控えるずに良かったと思います。鞍上の戸崎騎手は逃げるときスローが多いですが、この馬に関してはスローの直線勝負よりも平均ペースで逃げのほうがハマる気がしています。いずれにしても秋以降も楽しみです。

3着には人気薄が入り込むことが多いですが、今回は16番人気のコズミックフォースが入り、驚きました。そもそもプリンシパルSの勝ち馬が通用しないと思っていましたから。ダービー激走馬に関しては次走が試金石になるかなと思っています。

 

1番人気のダノンプレミアムと5着のブラストワンピースも先行したのですが、それぞれ6着、5着に敗れました。

両馬とも、そもそもレース間隔が空きすぎた点が、気になりましたが、この時期にレースを使えないのはどんなに能力が高い馬でもマイナスになるなと思いました。フサイチコンコルドのように3戦目でダービーを勝つのは、非常に特殊な例だと感じました。

またダノンプレミアムに関しては内を閉じ込められ、苦しい展開となりましたが、1番人気の内枠だと考えれば、想定されたリスクでした。そのような事態を打開できなければ、G1を1つ勝てたとしても、それ以上の戦績を収めるのが難しそうに思われます。

 

後方待機組(キタノコマンドール、ステルヴィオ)は勝ち負けになりませんでした。

改装後のダービーは内枠でロスなく進めるか、3コーナーで先団にいないと勝ち負けにならないレースになっているように思います。

 

(updated on 28/May/2018)

アポスティーユ申請

フィレンツェ市役所に送付する婚姻具備証明書等の書類に対し、公文書であることの証明として、アポスティーユと呼ばれる証明を添付する必要があります。
それは外務省で発行してもらえるものでしたので、昨年末に外務省で申請してきました。

これが人生で初の外務省訪問でした。9時過ぎに到着しましたが、この時間に出勤している方が非常に多かったです。
まず入省するために身分証明書の提示を求められました。外務省は外国からの証明書を申請する人も多いので、仕方がないかなと思います。
アポスティーユの発行は証明班で対応してもらいますが、普通の職員とは別の入り口を案内されました。
警備員の対応が雑なのが気になりましたが、外人対応してるとそうなってしまうのかなと思い、気にしないようにしました。

申請処理は9時15分からなのですが、その前は暖房もない別室で待たされました。
申請自体は非常にスピィーディで、待ち時間を含めても10分程度で終わりました。事前に申請用紙を準備していたこともあり、特に問題なく完了しました。

書類一式が揃った後は、業者にイタリア語翻訳を依頼し、Weddingプランナー経由でフィレンツェ市役所に提出してもらいました。書類が揃った以降は、特にトラブルなく、挙式の日を迎えることができました。

婚姻具備証明書

先日、イタリアにてlegal wedding を挙げましたが、その際に婚姻の履歴を証明するために、戸籍謄本のほかに婚姻具備証明書というものを要求されました。その発行手続きについて、書いておきます。
将来誰かの参考になれば幸いです。

婚姻具備証明書は、地方法務局の支局で発行してもらいました。

平日の夕方に訪問したのですが、私のほかに訪問客はおらず、閑散といていました。受付の方は愛想がなく、要件を伝えた際、彼自身要領をえておらず、少し待つように言われました。
「日本人と結婚するが、イタリアの法律にのっとって結婚するために必要」と説明したのですが、不審に思われてしまいました。
法務局に行っても書類対応ができないケースも想定して、事前に担当の方に電話で、対応可能な点と必要書類は確認していたのですが、受付の人には話が通ってなかったんだろうなと思いました。
全体的に忙しい感じはなく、如何にもお役所という感じでした。そういうことに税金が使われると思うと悲しいですし、当事者はその自覚がないのだろうと思います。

5分ほど待った後、担当者と話が通じたようで、その後の手続きは何の問題もなく済みました。
書類の発行に1労働日を要するのですが、平日に再度訪問するのは面倒なため、郵送を依頼しました。ゆうパックライトでの郵送で、発行後1日(申請から2日後)に到着しました。