第33回 かしわ記念

船橋所属のカジノフォンテンが地方統一G1を連勝しました。
カジノフォンテンは地方所属出身で統一G1を複数個勝ったのは久々だと思います。船橋出身&所属で統一G1を複数勝ったのは、かなり久しぶりだと思います。過去の船橋出身の名馬にはアブクマポーロフリオーソなどがいますが、彼らに並ぶ存在になってほしいなと期待しています。

レースは先行したカジノフォンテンが3コーナーから進出し、最後押し切る内容でした。鞍上の張田騎手は強気すぎる騎乗にも見えましたが、馬の力で押し切れたように見えます。残り200mほどで勝ったかなとは思いましたが、最後戸崎騎手騎乗のソリストダンサーにハナ差まで詰め寄られました。力差がそれほどない相手関係なら、ソリストダンサーが勝っていたと思いますが、それでも負けなかったのは、勝ち馬の力が抜けていたからだと思います。鞍上も馬の力が抜けていると信じていたのかもしれません。
JRA所属の上位人気馬のカフェファラオやタイムフライヤーは地力があるのでしょうが、地方の深いダートが合わず凡走したため、相手関係が楽だったとは思います。インティも後方から追い込んで3着と味のあるところは見せました(出遅れから挽回した武豊騎手の騎乗が冴えていたと思います)が、フェブラリーSを勝った時ほどの勢いはなかったですし、2着のソリストダンサーも重賞未勝利ですから。
今後チュウワウィザードや右回りのオメガパフュームと対峙するときは今日のような展開で勝つのは厳しいと思います。応援しているからこそ、これからも人馬双方の成長を期待しています。

鉄板焼 恵比寿

AMEXでウェスティンホテル東京のレストランのディスカウントキャンペーンが今月末まであり、折角の機会だと思い、妻と鉄板焼屋さんへ行きました。ちょうど結婚記念日も近いので、そのお祝いを兼ねつつ、普段の苦労を労う目的で行きました。

初めてお伺いしましたが、鉄板焼屋さんにしては座席数が多かったです(シェフの調理場が個室を含めると6個ありました)。
4月上旬に予約したのですが、その後緊急事態が適用されたため、8pm閉店かつアルコール禁止と条件が変わりました。条件が変わった際、ホテルの方から電話で丁寧にご連絡をいただきました。そもそも我々はアルコールを嗜まないため、全く不都合はありませんでした。アルコールを嗜む方には物足りないかなと思ってましたが、そこそこお客さんが入っていたように思いました。もともとお客さん同士が離れている配置の中で、さらに間隔をあけているため、安心してお食事できました。

今晩はロースステーキメインのコースを注文しました。
海鮮なしのサラダ&お吸い物、ステーキ150g&野菜焼き、ご飯&お味噌汁、デザートというメニューでしたが、かなり満腹になりました。
こちらが二人前のステーキです。かなり大きかったです。
f:id:masimo:20210429235108j:plain
焼いた後では多少体積が減ったように見えるものの、かなりボリュームはありました。
f:id:masimo:20210429235120j:plain
お肉が甘く、ジューシーで本当に美味しかったです。シェフの目の前で「このお肉、すごく美味しい」とついつい言ってしまいました。ただ脂分も多く、結構お腹にきました。150gでも十分に多かったです。また野菜も美味しかったですが、特に玉ねぎが甘くて美味しかったです。
ご飯ですが、私はガーリックライスを、妻は梅ちりめんの炒めご飯をいただきました。ガーリックライスは王道という感じで、ボリュームたっぷりでした。梅ちりめんご飯の方はあっさりしていた、とのことです。
シェフの方は気さくな方で、料理の説明以外にも少しお話でき好感が持てました。

デザートは鉄板の席から移動して、夜景が見える席でいただきました。果物などあっさり目のものがメインでしたので、お腹に優しかったです。
f:id:masimo:20210429235223j:plain
こちらが窓から見える夜景です。
f:id:masimo:20210429235210j:plain
目黒方面だと思われますが、特に目印となる建物はないものの、写真が綺麗に撮れて驚きました。確かにiPhone12で初めて夜景を撮影した気がするのですが、想像以上の画質の良さに本当に驚いています。

Library

先々週末のことになりますが、久しぶりに図書館に行きました。ここ数年はいろいろイベントがあり、行っていませんでした。家にいる時間が長いこともあり、以前から興味をもっていた本を一冊借りてみました。

なお住んでいるところの図書館に初めて行きましたが、比較的新しめの建物だったと思います。地区で一番大きな図書館ということで蔵書数が多く、視聴覚資料もありました。

このご時世を反映してか除菌機が設置されていました。図書館を普段から利用している人は気にしていないのか使っている人はほとんどいませんでした。わたしは折角なので利用してみました。

先週末から再び唐突に緊急事態事態宣言が発令され、図書館の館内利用が禁止されました。発令される前に行くことができ、良かったなと思います。

ル・パン・コティディアン

昨日、家族で久しぶりに芝公園の方へ散歩に行きました(一人だとたまに走りに行くのですが)。
お昼ご飯を芝公園の横にある「ル・パン・コティディアン」というお店で頂きました。テラス席が気になっていたお店で、初めてお伺いしました。調べるとベルギー発祥のベーカリーレストランだそうで、店内には焼きたてのパンがたくさんありました。
今回は初めてでよくわからなかったので、私は「ローストビーフ タルティーヌ」を、妻は「本日のタルティーヌ」を注文しました。”タルティーヌ”とはスライスしたパンに、ローストビーフなどの具材を乗せたものです。パンも具材も美味しかったです。
f:id:masimo:20210425165304j:plain
予想外に分量が多く(おしゃれレストランだと少なめのケースが多く)、2人でこの分量でだいぶ満腹になりました。今度訪問するときは、「タルティーヌ」一皿とパン数個でも十分かなと思いました。
美味しい料理で満足しました。また行きたいなと思います。
このほかに、「ベルギーチョコチップクッキー」も買いました。見た目に反して(写真をとっていません)、生地が硬いのが意外でしたが、チョコがしっかりしていて美味しかったです。

帰りに芝公園を散歩して行きました。午前中は風が少々肌寒く感じましたが、天気が良く、気持ちよかったです。
f:id:masimo:20210425165313j:plain


最後に余談ですが、あのあたりを歩いている時、都の広報車を見かけました。それには「N501Y 変異種拡大中 要自粛」といったメッセージが書かれていました。特に音声は発してませんでしたが。昨日緊急事態宣言が唐突に発せられたばかりなのに用意周到だなと気味が悪く感じました。都や政府の中では、事前に緊急事態宣言のシナリオを考えていたのかなと疑いたくなります。

オリーブ生育日記:2021年4月

オリーブの木を購入してから半年ほど経ちました。最近は暖かくなってきたこともあり、よく成長しています。
f:id:masimo:20210411180427j:plain
こちらが近影です。全体的に新芽が出ているものの上方だけ生育が異常に早く、正しく成長しているのか不安にも思っています。
f:id:masimo:20210411180434j:plain
こちらが下部のアップですが、新芽が出ているのがわかると思います。これから成長していくのを見守っていきたいと思います。

team building trip

上海オフィスの人と仕事で絡むことが多いですが、先週「team building tripに行くので2日ほど不在となる」と連絡が来ました。”team building trip”とは、日本語で言えば社員旅行に相当します。

日本では社員旅行という文化がなくなりつつありますが、中国ではその文化があることが意外でした。US系企業だと”team building"といって部署内の親睦を深めるために食事に行ったりレクレーションするのは珍しくはないので、その延長線上にあるのかなと思ったり。

 

また日本では飲食すら憚られる状況なのに、上海では社員旅行できる状況に驚きました。あちらは個人の行動に制限がされていたり、ある程度の感染対策もなされていると推測はしますが、それでも日本とは雰囲気が違いそうです。

カルフォルニアのオフィスも今は完全在宅ですが、来月からそれも徐々に緩和されるそうです。ワクチンの接種が進んでいると聞いています。

TVのニュースを見ていると海外ネタが少なく、実情がどうなっているか目にする機会は少ないですが、日本とは少しは違う状況になっているのかなと多少楽観的に思ったりします。

第81回 皐月賞

  • 中山11R 芝2000m G1

個人的には牡馬クラシックの中だと皐月賞が一番ワクワクします。というのも一戦級の馬たちが初めて激突するのがこのレースだからです。日本ダービー皐月賞で力関係が大体目処がついた後なので、それほどでもないのです。

レースは共同通信杯の勝ち馬のエフフォーリアが勝ちました。
鞍上の横山武史騎手の騎乗は立派だったと思います。好スタートから道中は無理せず先段に取り付いて、直線では内から抜け出すという完璧な騎乗だったと思います。直線はどの馬も伸びあぐねていました(強風が堪えたのか不明ですが)が、この馬だけは力強く伸び、3馬身差の完勝でした。
横山武史騎手はこれが初めてのG1勝ちとなりましたが、初めてのG1がクラシックというのはすごいと思います。しかも勝利ジョッキーインタビューでは素直に喜びを表現していて好感が持てました(仏頂面で議員のようなインタビューされるより、こちらの方が見ていて気持ちがいいです)。まだ若いと思いますが、これからも怪我に気をつけて、活躍してほしいです。

2着には弥生賞馬のタイトルホルダーが入りました。8番人気でしたが順調に使われた強みが生きたのかもしれないです。ただ2着以下は力差を感じてしまい、ダービーに向けて厳しいなと感じました。

Xperia10 III

私はApple信者ということでiPhoneを使っていますが、妻はアンドロイド派です。特に日本メーカーを応援したいということでXperiaを使っているのですが、4年以上買い換えていません。かなりバッテリーがヘタってきたのですが、お気に入りのモデルがなく、買い替えに踏み切れずにいます。

そんなところに先日、Xperiaの新モデルが発表されました。

5G対応のミッドレンジモデル「Xperia 10 III」登場 4500mAhバッテリーを搭載 - ITmedia Mobile

特に色にこだわりが強いようで、明るめの赤またはオレンジ系の色が激しく好みなので、ピンクをお勧めしてみました。「実際に店頭で見てみないとわからない」と言われました。

SPEC的にはミドルエンドモデルで十分だと思われるので、色が好みに近いとよいのですが。

そもそもXperiaをはじめアンドロイド系の最近の機種は縦長のものが多く、個人的に使いにくそうに感じています(ただの好みの問題ですが)。。

サラブレ休刊

こちらは競馬の月刊誌ですが、再来月以降休刊になることをネットニュースで知りました。

競馬に興味を持った学生の頃はよく読んでいました。最初はダビスタ記事やレース回顧だけを読んでいました。

ある日金満血統王国というコーナーを読んでからは、毎月読むのが楽しみになりました。このコーナーは血統ベースに直近のレースを回顧していくものですが、重賞だけでなく、下級条件も取り上げていて、血統のイメージを理解するのに役立ちました。当時は割とフォントが小さめで文章量が多かったのですが、面白い文章でサクサク読み進めることができました。このコーナーで活字に対する抵抗感が無くなったほど、個人的に非常に影響力が大きかったです。

社会人になってからは読む機会が減っていき、この十年ほどは全く触っていないほどでした。とはいえ、この休刊の知らせを聞いた時は寂しさを感じました。

第81回 桜花賞

白毛馬のソダシが前走の阪神ジュベナイルフィリーズに続き、G1を連勝しました。
好スタートから好位を追走し、200mから先頭に立つという横綱相撲でした。最後サトノレイナスに追い詰められたものの、最後はしのぎりました。超高速馬場だったためディープインパクト産駒に分があるかなと思いましたが、それでも凌ぎ切ったのですから、かなり強いと思います。しかも1:31:1のレースレコードですから立派だと思います。
今日は快晴だったため、白い馬体がかなり映えていましたね。直線で、白毛馬は綺麗だなと改めて感じました。